BingX、ユーザー向けにUSDCマージンのパーペチュアルスワップの提供開始

  • 17:47
シンガポール- Media OutReach - 2022年5月25日 - グローバル暗号資産ソーシャルトトレーディングプラットフォームのリーダーであるBingXは、USDCマージンのパーペチュアルスワップの提供を開始します。この新製品によって、ユーザーはBingXのデリバティブ取引における手持ちのUSDCを使った取引が行えるようになります。



例えばビットコインの場合であれば、トレーダーはビットコインの数量をもとに注文を出し、USDCとの取引が行えるようになり、BingXの取引プラットフォームの既存商品に、新たにこのパーペチュアルスワップ(無期限先物取引)が加わります。

BingXのコミュニケーションおよびパブリックリレーションズ担当ディレクター、Elvisco Carringtonは次のように述べています:「現状を考えると、誰もがUSDTの不安定さに不安を抱くのは当然であり、当社としてもさまざまな環境の変化や市場の需要に対応していこうと考えています。先週1週間、ユーザーの皆様の声に耳を傾け、皆さまの願いに応えるべく、比較的安定し、信頼性の高いUSDCマージンパーペチュアルスワップの提供を開始することにしました。BingXは今後も引き続き、革新的な新商品の提供を通じて付加価値を高めていきたいと考えています。」

BingXは先ごろ、トレーダーが7日間という短期間のプロジェクトに投資できる(USDTを使用)新たな金融商品の販売も開始し、非常に好評を博しています。近日中にプロジェクトの第2弾も予定しており、こちらはUSDCを活用できる可能性が非常に高いものです。BingXでは今後も続々、多彩な製品やサービスを発売していく予定です。是非、ご注目ください。

BingXについて

2018年に設立されたBingXはPoocoin( https://bingx.com/ja-jp/prices/poocoin/ )、Verasity( https://bingx.com/ja-jp/prices/verasity/
)、AFEN( https://bingx.com/ja-jp/prices/afen-blockchain/ )、Evergrow( https://bingx.com/ja-jp/prices/evergrowcoin/ )、SAITAMA( https://bingx.com/ja-jp/prices/saitama-inu/ )等、人気の暗号資産を提供する世界有数のソーシャルトレーディングプラットフォームに成長しました。暗号通貨業界全体の充実を目指して創設されたBingX は、デジタル資産、スポットおよびデリバティブ取引のグローバルプラットフォームとして、直感的なソーシャルトレーディング機能を備えた安全で信頼性の高いユーザー重視のオープンなエコシステムを提供しています。BingXは事業を展開する国・地域において金融サービスの認定ライセンスを登録または取得し、現地政府の認可を得て、規制当局の管理の下で営業を行っています。

#BingX

本件に関するお問合わせ先
elvisco@bingx.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
BingX
ホームページ
 

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所