「台湾医療&介護ヘルスケアオンライン商談展示会」 10月13日~15日幕張メッセのMedical Japanに13社が出展

~ Medical Japan出展に併せオンライン商談会を開催 ~

台湾貿易センターは、2021年10月13日(水)〜15日(金)に幕張メッセで開催する医療と介護の総合展「Medical Japan」へ出展します。本出展に伴い、台湾メディカルヘルスケア産業の企業13社とののオンライン商談会を開催します。
新型コロナの影響で、台湾へのご渡航が難しくなっている中、ぜひこの機会にオンライン商談をご利用ください。実商品の展示も10月13〜15日の期間中、幕張メッセで開催するMedical Japanにてご覧頂けますので、ぜひ、合わせて足をお運びください。

◆台湾医療&介護ヘルスケアオンライン商談展示会 開催概要
メイン商談日:2021年10月14日(木)
※上記日程が難しい場合は、2021年10月4日(月)~10月22日(金)間でご都合のよい日程にて調整いたします。
言語:日本語
場所:ご自宅または御社または幕張メッセ「Medical Japan」展示会場
製品一覧: https://taiwan-pavilion.com/care
お申し込み:https://reurl.cc/Ok14oX

※参加費無料・事前登録必須となります。上記リンクより事前申し込みをお願いします。

◆医療と介護の総合展「Medical Japan」 展示
日時 2021年10月13日(水)~10月15日(金) 10:00-17:00
HP:https://www.medical-jpn.jp/tokyo/ja-jp.html
場所 幕張メッセ ホール3 ブース番号16-17


今回は選りすぐった台湾企業13社は、スマートヘルスケア、メディカルデバイス、メディカル&ヘルスケアの3カテゴリにわけられ、スマートヘルスケアからは、台湾大手のアドバンテックが医療コンピューティング、IoTソリューションを展示、DIGIBIONICはデジタル補聴器、クラウド型補聴器、入れ歯洗浄器、そして、EPEDからはPvix Oral AR 拡張現実口腔ケア&トレーニングシステム。Insight Medical Solutionsの有線磁石コントロール型カプセル内視鏡、Muen Biomedical and Optoelectronic TechnologiesはAI画像診断ソフトを展示、ご紹介いたします。


#研華(Advantech)
https://www.advantech.co.jp/
 

1983 年の創業以来、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、世界26 カ国95 都市に拠点を構えるグローバル企業です。デジタル・ヘルスケアの分野において、長年の信頼と経験を持つトップクラスのメーカーです。
医療パネルPC、AIエッジコンピュータ、医療タブレット、医療IOTソリューション -遠隔医療 -OR映像ソリューション -リモートマネジメント、医療ITプロバイダーを展示、ご紹介いたします。


#醫百科技(EPED Inc.)
https://www.epedmed.com/
PVIX Oralは、世界初のAR技術を用いた口腔ケア向けのトレーニングシステムです。80歳以上の方が20本の歯を残せるよう、口腔衛生医学に基づき、予防ケアを実現します。
Pvix Oral AR 拡張現実口腔ケア&トレーニングシステム、インプラントリアルタイムイメージングシステム(IRIS)、手術ナビゲーションシステムを展示、ご紹介いたします。


#群曜醫電(Insight Medical Solutions)
https://www.insighteyes.com/
有線カプセル内視鏡は、磁気による誘導を行い、即時に映像を送信、上部消化管の診察に用いることができます。滅菌ディスポサーブル商品で、医療関係者及び受診者の感染リスクを大幅に低減することができます。

<展示、ご紹介>
有線磁石コントロール型カプセル内視鏡(上部消化管用):InsightEyes EGDシステム-上部消化管(食道、胃および十二指腸)を観察するためにデザインされた医療機器。
InsightEyes EGD FG-カプセル内視鏡。単回使用機器。
Aries E500i-主電源および映像機能を制御し、InsightEyes EGD FGの映像を中継
InsightEyes MFN-検査中に、磁力でInsightEyes EGD FGを誘導。
InsightEyes EGD ドングル-延長ケーブル。InsightEyes EGD FGとAries E500iを接続


#元健大和(DIGIBIONIC LIFESTYLE CO., LTD.)
日本と台湾の共同研究開発から生まれた台湾製集音器(補聴器)ブランドMimitakaraです。ヨーロッパ規格のCEや米規格のFDAを取得し、過去16年間は確実な品質でアメリカと台湾をはじめ、世界の四か国で計200万台程の販売実績を上げてきました。
これまでのノーハウや強みであるクラウドサービス、そして抜群なコストパフォーマンスを持ち、今年からはMimitakaraが正式に日本上陸しました。
デジタル補聴器、クラウド型補聴器、 超音波UV入れ歯洗浄器、ハンディUV除菌ライト、循環式紫外線空気清浄機、紫外線殺菌乾燥機を展示、ご紹介いたします。


#沐恩(Muen Biomedical and Optoelectronic Technologies)
https://www.muenai.com/
 

Muenの商品は医療用AI画像診断ソフト-Medical AI Aggregator、歯科用材料(Putty)
骨セメント、骨移植材料、ハイドロゲル創傷被覆材で、帝王切開向けのハイドロゲルもございます。

<展示、ご紹介>
AI画像診断ソフト-Medical AI Aggregator
歯科用材料(Putty)
PMMA骨セメント
粘土型人工骨
セラミック人工骨
ハイドロゲル創傷被覆材(帝王切開向け商材もあり)


#新世紀(New Century Products)
https://www.ncp-global.com/
New Century Productsは、IoTスマートケア製品のデザインとODMを行っています。例えば、赤ちゃんの呼吸をリアルタイムに検知できるベビーケアデバイスや、全方位に動くよう、軸設計されているスマートロッキングチェア、そして、自動監視と体温を測定できるFacePass顔認証システムなどを扱っています。
医療用電動ベッド、ベビーケア用デバイス、乳児用スマートセンサーシート(呼吸、心拍感知)、シニア向けスマートセンサーシート(呼吸、心拍感知)、ペット用スマートセンサーシート、スマートチェア、車いす、歩行補助器、不織布マスク、フェイスシールドを展示、ご紹介いたします。


#聯新國際醫院(Landseed International Hospital)
 

Covid-19の流行に対応するため、聯新国際医院(Landseed International Hospital)では、心療内科、神経内科、小児科、漢方診療、がん治療、脳血管治療などの国際的で専門的な医療に力を入れ、モバイル装置やビデオアプリを使って、患者さまと直接遠隔医療の推進に力を入れています。また、今後、日本と韓国の病院と提携でき、共同で診察、検査、薬の処方、病状の追跡把握を行い、患者さまの健康状態を高めていきたいと考えています。
オンライン診療サービス、国際緊急医療搬送サービス、ハイクラス人健康診断サービス、メディカルセンターに関するサービス、漢方医療サービスを展示、ご紹介いたします。


─────────────────────────────────────────────
中華民国経済部国際貿易局について
─────────────────────────────────────────────
中華民国経済部(日本の経済産業省に相当)の国際貿易局(BOFT)は外国貿易と経済協力に関連する政策と規定の実施を担っています。1969年1月に設立されたBOFTの役割と位置づけは、変化し続ける世界の経済と貿易環境のニーズを満たすべく定期的に調整されてきました。BOFTは国内外における数々の貿易関連プロモーションプロジェクト・イベントにおいて中華民国対外貿易発展協会(日本での名称は台湾貿易センター、略称TAITRA)を指導し、協力しています。数十年に渡りTAITRAと緊密な連携を保っているBOFTは、ビジネス、貿易及び投資に関連する重要な政府プロジェクトを今後も引き続きTAITRAに委託し、あらゆる面から台湾の海外プロモーションを行っていきます。

─────────────────────────────────────────────
台湾貿易センター(TAITRA)について
─────────────────────────────────────────────
1970年に台湾の対外貿易促進を目的に、台湾政府と業界団体の支援により設立された非営利団体です。本部は台北にあり、台湾国内5箇所の事務所(桃園、新竹、台中、台南、高雄)と世界各地にある63の海外事務所をネットワーク化し、総勢1,300名以上のスタッフが台湾企業の国際競争力の強化、海外企業のビジネスマッチング、世界市場への進出をサポートしています。TAITRAは毎年、台湾で年間約40の国際専門見本市を主催する他、TWTC台北国際展示ホール、TWTC南港国際展示ホール、TICC台北国際会議センターなどの施設を運営しています。1973年に東京で日本事務所を設立以来、台日パートナーシップの強化を目指し、数多くの見本市へ出展するなど、日本・台湾間の貿易振興を図っております。また日本企業に対し、台湾からの調達及び台湾への投資、台湾で開催される国際専門見本市への参観及び出展誘致などを行っております。現在、台湾貿易センターは日本国内に3箇所の事務所(東京、大阪、福岡)を設けております。https://fukuoka.taiwantrade.com/
本件に関するお問合わせ先
台湾貿易センター福岡事務所(Taiwan Trade Center, Fukuoka)担当:池内
TEL:092-472-7461 / FAX:092-472-7463
E-mail:fukuoka@taitra.org.tw

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
台湾貿易センター
ホームページ
https://tokyo.taiwantrade.com/
代表者
黄 志芳
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-10澤田麹町ビル3階
連絡先
03-3514-4700

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所