Looop 個人宅向けEV充電器施工販売を開始

自宅充電インフラを整備して再エネ普及促進

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、関東地方と中部地方の一部(群馬県、栃木県、茨木県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県の一部)で戸建て住宅にお住いの方を対象に、電気自動車(以下、EV)充電器の施工販売を9月29日(火)から開始します。自宅での充電を可能にするインフラを整備することで再生可能エネルギーの普及を促進します。

今回Looopが取り扱う商品は、家庭用の普通充電器の3種類(コンセントタイプ、Mode3普通充電器、充放電機(V2H))です。コンセントタイプは、車載のケーブルセットを使って充電します。Mode3普通充電器は、ケーブルが付属しており、充電用コネクタを車に差し込むだけで充電ができます。充放電器(V2H)は、ケーブルを車に差し込むだけで充電ができるほか、EVに貯めた電気をご家庭で利用することもできます。
これらの中から、ご希望の充電器をLooopがお客様のご自宅に設置します。

自宅充電のメリット1:時間を有効活用
自宅に充電インフラがあれば、外出先で充電スポットの順番待ちをすることもなく、スマートフォンなどと同様に充電器をセットした後は自由に時間が使え、より快適なEVライフが可能になります。

自宅充電のメリット2:バッテリーが長持ち
EVに搭載されているリチウムイオンバッテリーは、20%から30%の残量を残しながら、80%ほどの充電を繰り返すのがよいとされています。ご家庭で充電する場合も80%程度の充電にとどめて、自宅充電の気軽さを活かして充電の頻度を上げれば、電気を使い切ったり、または満充電状態にしておかないことで、バッテリーの長寿命化が実現できます。

自宅充電のメリット3:Looopでんきと併用で電気代を削減
Looopの新電力小売事業のLooopでんきは、契約アンペア数を増やしても基本料金は0円です。EVオーナー向け電力小売プラン「Looopでんき+EV割」をご契約いただくと、1キロワットアワーあたりの電気代が1円お得になります。

卒FIT世帯にはEV導入と自宅充電がおすすめ
固定価格買取制度(FIT)の対象となっている住宅用太陽光発電の買取期間満了(卒FIT)を迎えるご家庭では、卒FIT後は自家消費を選択する世帯も多く、EVを導入して「動く蓄電池」として活用することで、電気の自給自足に近づけることが可能になります。
特に、充放電器(V2H)を採用すると、EVを充電するだけではなく、貯めた電気をご家庭で使用できるようになります。停電時などにも、EVに貯めた電気が使用でき、いつもお使いのコンセントや200V電源を使用する機器が使えます。

Looopは充電インフラの整備を通じて、「動く蓄電池」でもあるEVの導入を促進し、再エネの普及に努めます。


【申し込み方法】
以下よりお申し込みください
Looopでんき+EV割
https://looop-denki.com/low-v/lp-ev/

【Looopでんき】
https://looop-denki.com/low-v/

【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長CEO 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号
       上野フロンティアタワー22階(受付15階)
設立:  2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2020年6月末時点
売上高: 50,736百万円 ※2020年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社Looop
ホームページ
https://looop.co.jp/
代表者
中村 創一郎
資本金
2,251,000 万円
上場
未上場
所在地
〒110-0005 東京都台東区上野3丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階
連絡先
03-4577-9001

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所