ライカ マイクロシステムズが、STED顕微鏡 ライカ TCS SP8 STED 3X を発表。

  • ライカマイクロシステムズ 株式会社

高速かつ共焦点での、3D及びマルチカラー超解像

2013年11月29日

ライカマイクロシステムズ株式会社(社長:上野 隆、東京都港区)は、共焦点STED顕微鏡シリーズ、ライカTCS SP8 STED 3X を発表しました。

ライカTCS SP8 STED 3X は、11月に米国サンディエゴで開催される、the annual meetings of the Society for Neuroscience、12月に米国ニューオーリンズで開催されるthe annual meetings of the American Society for Cell Biologyそして、12月3日から神戸国際展示場にて開催される第36回日本分子生物学会年会 附設展示会に初出展致します。

ライカTCS SP8 STED 3Xは、回折限界を超えた分解能を、水平方向だけでなく垂直方向にも実現しました。水平方向と垂直方向の分解能を自由に設定でき、3次元での分解能を最適化した超解像画像が得られます。さらに、複数のSTEDレーザーを搭載することで、マルチカラーへの対応が拡張します。

STEDは、データ処理を行わずに50 nm以下の構造の分解能が得られる、光学顕微鏡技術です。三次元、そして多様な蛍光プローブの使用が可能となるため、STED超解像イメージングは、新たなステージへと進化します。

STED超解像システムは、共焦点レーザー顕微鏡、ライカTCS SP8をプラットフォームとしたモジュラーコンセプトとなっており、ライカTCS SP8からライカTCS SP8 STED 3Xへのアップグレードも可能です。


関連リンク

ライカマイクロシステムズPRページ
http://www.leica-microsystems.com/news-media/news/news-details/article/leica-tcs-sp8-sted-3x-fast-and-direct-3d-super-resolution/

ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディングメーカーの一つです。19 世紀に家族企業としてスタートしたライカ マイクロシステムズは、そのグローバル企業へと発展する歩みの中で比類ない革新技術を次々と世に送り出してきました。
歴史的に科学の世界と緊密に連携することで、ライカ マイクロシステムズの革新技術を生み出す伝統が形作られてきました。お客様の意図するところを汲み取り、その要件に合わせて最適なソリューションを提供しています。ライカ マイクロシステムズはライフサイエンス、インダストリアル、メディカルの 3 つのビジネス部門に分かれてグローバルに活動しており、そのいずれでもマーケットリーダーとして位置付けられています。
ドイツのウェッツラーに本社を置くライカ マイクロシステムズは世界 100 カ国以上で事業活動を展開し、5 カ国に 6 の製造拠点、20 カ国に販売・サービス組織を擁し、世界的な販売網を構築しています。

本件に関するお問合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
マーケティング部
108-0072:東京都港区白金1-27-8白金高輪ステーションビル 6F
TEL:03-5421-2815 FAX:03-5421-2891
E-mail:lmc@leica-microsystems.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ライカマイクロシステムズ 株式会社
ホームページ
http://www.leica-microsystems.co.jp
代表者
上野 隆
上場
未上場
所在地
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-9
連絡先
03-6758-5680

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+