外務省主催2021年度脱炭素技術海外展開イニシアティブにYamaha Clean Water Supply Systemが採択

ヤマハ発動機株式会社の「Yamaha Clean Water Supply System」が、このたび令和3年第1回目の外務省主催「脱炭素技術海外展開イニシアティブ」に採択されました。

■脱炭素技術海外展開イニシアティブ 概要
気候変動問題はグローバルな課題であり、脱炭素社会の実現に向けて、各国の具体的な削減努力が求められています。日本では、優れた脱炭素技術に支えられ、2014年以降6年連続で温室効果ガス排出量削減している一方で、多くの途上国では技術の導入がされておらず、取組強化が急務となっています。
本イニシアティブは、日本企業と日本のNGOが協力しつつ、日本企業が有する高度な脱炭素技術を支援を必要とする開発途上国に提供する仕組みです。(下記HP参考)
・外務省HP 脱炭素技術海外展開イニシアティブ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page23_003429.html 
・パンフレット
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100192078.pdf
・脱炭素製品/パッケージリスト
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100211252.pdf

■製品概要
Yamaha Clean Water Supply Systemは世界各地で使われてきた「緩速ろ過方式」をベースに、改良を加えた途上国の村落向け浄水装置。世界中の安全な水にアクセスすることが難しく、表流水などの改善されていない水を飲用せざるえない地域で主に導入。再生可能エネルギーである太陽光を電源として利用可能。凝集剤や膜を使用しないため運用による環境負荷が低く、河川や湖沼の表流水を原水にYCW-008Aでは1日に8,000リットル(約400世帯)の浄水を供給することが可能。安全な飲料水へのアクセスを確保するとともに、水を煮沸消毒する際の薪の消費量の削減によって脱炭素化に貢献。シンプルな構造から、メンテナンスが容易であることもYamaha Clean Water Supply Systemの特徴。本事業を通じて、SDGsの目標6「すべての人々に水と衛生へのアクセスを確保する」の達成に貢献。
「YCW-008A」



■Yamaha Clean Water Supply Systemのコンセプト
「水が変われば、暮らしが変わる ~安心な水の提供を通じて世界の人々に豊かな生活を~」






本件に関するお問合わせ先
本件に関するお問い合わせ先
海外市場開拓事業部企画推進部クリーンウォータープロジェクトグループ
Tel:0538-37-1717
E-mail: 藤本 fujimotoak@yamaha-motor.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ヤマハ発動機株式会社
ホームページ
https://www.yamaha-motor.co.jp/
代表者
日髙 祥博
資本金
8,597,300 万円
上場
東証1部
所在地
〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
連絡先
0538-32-1115

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所