白鴎大学で小山市長の浅野正富氏が初講義を実施 -- 経営学部の学生を対象に「失敗しない起業」の条件を考える



白鴎大学(栃木県小山市)で5月10日、小山市長の浅野正富氏が経営学部の学生を対象とした講義を行った。これは、第一線で活躍する実務家から直接講義を受けることができる講座「現代企業行動論」の第4回目で、同大における浅野氏の初講義ともなった。浅野氏は33年間の弁護士活動で数多くの倒産事件に関わり、事業に失敗した事例を扱ってきた。今回は手掛けてきた企業破綻案件の中から各事例における現場について話し、「失敗しない起業」の条件を考える講義となった。




 経営学部の「現代企業行動論」は「生きた経営学」を学ぶことを主眼とした講座であり、栃木県経済同友会の協力の下、県内の優良企業のトップやNPO経営者らによる経営の現場の話を聞くことができる。また、就職活動に備えて企業が学生に何を期待しているのかを知る機会となるため、学生からの人気も高い。


 このたびの講義は、浅野氏が自身の弁護士として培ってきた知識や経験だけでなく、人生を通して得た考え方なども伝える内容となった。同氏は「起業する上で不遇時代をどう乗り切るかが大切である。勝つということよりも負けないということをモットーに、冷静に考えてほしい」と、学生たちにメッセージを送った。
 学生たちは普段の講義では聞くことができない経営の現場の話に関心を示し、真剣な表情で受講していた。

【講師紹介】
■浅野正富(あさのまさとみ)氏
 小山市立間々田小学校、間々田中学校、栃木県立宇都宮高等学校、早稲田大学法学部卒業。昭和63年、弁護士登録。平成4年、小山市内に浅野正富法律事務所開設。平成21年、NPO法人ラムサール・ネットワーク日本事務局長(現在は理事)となり、市民活動にも積極的に参加。令和2年7月、小山市長就任(現在に至る)。


【授業を企画した白鴎大学ビジネス開発研究所小笠原伸所長コメント】
 浅野市長からは自らのご経験から起業をめぐる実情や失敗した人々から得られる教訓など長い弁護士生活を背景とした有益なお話をいただき、聴講する学生の反応も大変良かったと感じています。講義への質問も多数あり、これにより起業のみならず地域での新しい取り組みに臨もうとする学生が出てくることを期待するとともに、更には小山市政への学生の理解も深まったことと思っています。お引き受けいただいた浅野市長並びに小山市役所には感謝申し上げます。

【白鴎大学経営学部】
 変革する社会を生き抜く強さと柔軟性を備え、最新の経営知識と広い視野を持って、新しいビジネスを創造できる人材を育成。2年次より将来の目標に合わせて「企業経営」「経営情報」「企業会計」「メディア」「ビジネスコミュニケーション」の5つのコースから選択する。さらに、3年次より11の領域から選択し、専門性を極めてその分野のエキスパートを目指す。




▼本件に関するお問い合わせ先
 〒323-8586 栃木県小山市駅東通り2-2-2
 白鴎大学 広報課
 TEL:0285-20-8117
 FAX:0285-22-8901

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
白鴎大学
ホームページ
http://www.hakuoh.ac.jp/
代表者
北山 修
上場
未上場
所在地
〒323-8585 栃木県小山市大行寺1117

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所