都心に・気軽に・暮らす 長期滞在者に向け 特別宿泊プラン「“暮らす”@theHOTEL」を販売開始

2021年2月17日(水)~予約開始


京王プラザホテル(東京:西新宿)では、都心のホテルを活動の拠点とした長期滞在者向けプランを新たに販売いたします。このプランは新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とした緊急事態宣言の発令による外出や移動の自粛要請により、自宅でのリモートワークが進む一方、都心にビジネスと暮らしの両方を兼ね備えた新たな活動の拠点を望まれる方が増えてきたことを受け造成したものです。

この度の宿泊プラン「“暮らす”@theHOTEL」は客室を合計16 室に限定し、同フロアに会議室を設ける等、ビジネスでの利用シーンにおいて安心・安全・快適に暮らしていただけます。

京王プラザホテルではこれまでにも、多様かつ柔軟な働き方が浸透する中で「テレワーク」や「ワーケーション」など、コロナ禍での新たなニーズに対応した環境整備を行いつつ、様々なプランをご用意してまいりました。こうした状況下において、更なるビジネス利用の取り込みを目指して長期滞在者向けの宿泊プランを新たに販売開始するものです。

プランに含まれる内容は、館内のレストランで毎日ご朝食を宿泊人数分ご用意するほか、4 名様までご利用いただける会議室を、空き状況に応じて1 日2 時間まで無料でお貸し出しいたします。また一部の客室においては冷凍冷蔵庫・電子レンジをご用意いたしました。さらに荷物の預かりやベルスタッフによるサポート、ルームサービス等は通常の宿泊時同様ご利用いただけます。

なお清掃(リネン交換・ゴミ捨て)は週に2 度(月曜日・木曜日)の実施としご滞在中の客室におけるバスアメニティ(シャンプー類・歯ブラシ・くしなど)、ミネラルウォーターは到着日のみセットいたします。この特別宿泊プランのご利用料金は、デラックスタイプ(35.5 m2)の場合、30連泊で270,000円(サービス料・税金込)、最低宿泊日数の7連泊では126,000円(サービス料・税金込)でご案内いたします。

今後も京王プラザホテルでは、お客様からのニーズに応じて新たな宿泊プランの可能性を検討し、柔軟な対応で効率的なワークスタイルをサポートしてまいります。

■特別宿泊プラン「“暮らす”theHOTEL」概要 【GoToトラベルキャンペーン対象外】
 1.ご予約開始日:2021年2月17日(水)
 2.ご利用期間 :2021年2月22日(月)~5月15日(土)宿泊まで
 3.ご利用人数:最大2名様まで(ご利用料金は同額)

4.プランに含まれる内容
(1)館内レストラン 本館2 階オールデイダイニング<樹林>での ご宿泊人数分のご朝食。
(2)館内ラウンジにて、1 泊につき、おひとり様、2 回までのソフトドリンク。
(3)駐車場のご利用(1 室につき1 台)。
(4)会議室(35.5 m2)のご利用。別途ご予約が必要です。
  (卓上アクリルパネルをご用意) ※1 日2 時間まで空き状況に応じて計4 名様までご利用可能
(5)新聞も休刊日を除き、朝刊一紙をご用意。

ご朝食イメージ
  
[会議室 デラックスルーム 35.5m2]
 

5.特別割引 ランドリーサービス:通常より30%割引きにてご利用いただけます。
6.客室の備品(料金に含まれるもの) ライティングデスク、コーヒーテーブル、ミネラルウォーター(到着日のみ)、ケトル 、WiFi 完備、マルチ充電ケーブル、空気清浄機

■お問合せ/(03)-5322-8000【宿泊予約直通】

■当社の新型コロナウイルス感染症への取組みについては
下記の京王プラザホテル公式 ホームページと YouTube よりご覧いただけます。
公式ホームページ www.keioplaza.co.jp/news/safety/
YouTube www.youtube.com/watch?v=5Gp7ax9O7Ik

■本件に関するお問合せ先 : 株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報 杉浦 陽子 ・ 小田 力
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
Tel 03-5322-8010 Fax 03-3346-2479
www.keioplaza.co.jp

本件に関するお問合わせ先
c-oda@keioplaza.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社京王プラザホテル
ホームページ
http://www.keioplaza.co.jp/
代表者
若林 克昌
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2丁目2-1
連絡先
03-3344-0111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所