Formlabs、歯科、製造およびエンジニアリング向けの新レジンを発表し 素材革新による3Dプリント業界における優位性を拡張

製造およびエンジニアリングに最適な高い剛性や耐熱性、耐薬品性を持つRigid 10K Resinとプロトタイピングや迅速なデザイン反復に不可欠な高速造形を可能にする再開発したDraft Resinを追加

3DプリントのリーディングカンパニーであるFormlabsは本日、お客様の設計能力を向上し、3Dプリントで可能なことを拡大するため、新しいRigid 10K Resinと再開発したDraft Resinを発表しました。

Rigid 10K ResinはFormlabsの素材の中で最も剛性が高く、耐熱性と耐薬品性にも優れた素材で剛性やこれらの特性を必要とするエンジニアリングおよび製造分野のお客様のニーズに応えます。
新しいDraft Resinは既存のDraft Resinよりも微細な造形を可能にしつつ、Formlabsの他のレジンの最大4倍の速さで造形可能です。Draft Resinは新しい配合によって、表面仕上げの質が向上し、後処理工程が改善され、色はグレーになりました。

FormlabsのCEO 兼 共同創業者であるMax Lobovskyは、次のように述べています。
「光造形法(SLA)による3Dプリントの最も強力な利点の1つは、多様な素材ラインナップです。Formlabsのお客様は微細で緻密な造形を必要としているだけでなく、適正な素材特性も必要としています。Formlabsの豊富な素材ライブラリを活用することで、あらゆるものを作ることができます」

<Rigid 10K Resin>
Rigid 10K Resinの特長とメリット:
・ガラス、繊維充填による熱可塑性プラスチックをシミュレートする剛性
・熱、薬品および高圧に対する耐性により、大きな負荷に耐えることが必要な産業用精密パーツに最適
・滑らかでマットな表面仕上げ
最適な用途:
・短期用の射出成形金型マスターおよびインサート
・空力性能の試験用モデル
・耐熱性で、流体にさらされる部品、治具および固定具

Rigid 10K Resinは、消費者向け包装産業に重点を置くエンジニアリングおよびコンサルティング会社であるNovus Applicationsなどのお客様が3Dプリントの金型およびインサートを作成し、射出成形ワークフローを効率化することを可能にしました。同社はコストと製造時間の両方を削減しつつ、Rigid 10K Resinを利用して短期用の射出成形金型およびコアを3Dプリントしています。Rigid 10K Resinは、高温と超高圧に耐える能力において、他の素材でこれに匹敵するものがなかったため、同社にとって極めて有益なものでした。

Novus Applicationsの社長 兼 創業者であるMark Bartlett氏は、次のように述べています。
「Rigid 10K Resinは、これまでに見たこともないレベルの性能でした。機械加工しようとするよりもはるかに速く、複雑な形状を正確にプリントすることができます。Rigid 10K Resinで作られた金型は破損することなく型締めおよび射出圧力に耐え、高い剛性によって正確な部品を生産することが可能になります」

<Draft Resin>
新しいDraft Resinの特長とメリット:
・標準素材の最大4倍の速さで高速造形
・最小限の後処理工程(洗浄、二次硬化、サポート除去)
最適な用途:
・初期プロトタイピング
・迅速なデザイン反復
・3Dプリントデモンストレーション
・高スループット

製造、エンジニアリングおよび製品設計での使用に加えて、新しいDraft Resinは歯科および歯列矯正の分野においても重要です。アライナやリテーナのモデルを社内で20分以内に造形できるため、Draft Resinは歯列矯正業務において迅速な納入を可能にします。歯科技工所の場合、Draft Resinによってスループットおよび効率が向上し、Form 3BLで1日に95個以上のモデルを作成することも可能です。9時間48分で8個のモデルを造形するFormlabs Gray Resinに比べ、Draft Resinではわずか1時間30分で同じ作業が完了します。Draft Resinは、Formlabsの使いやすく、正確で信頼性の高い3Dプリンタと組み合わせることで、セットアップから後処理までにかかる時間を大幅に削減します。

Formlabs は、数多くのクライアントの皆様と協力して、新たな素材でワークフローをサポートし、歯科および歯列矯正モデルから消費者向け新製品のプロトタイプまで、製品の生産を迅速に実現できるよう後押ししています。30 名を超える材料科学者で構成される Formlabs のチームは、企業がより迅速に反復を実施し、より高性能な製品を市場に投入できるようにするため、高性能素材を利用する機会を増やしています。これらの新しい素材は、Formlabs の大規模なレジンライブラリとともに、ユーザーが用途ごとに固有な素材の利点を、 3D プリントによってのみ実現可能な形状や設計と組み合わせた場合、最終製品がより優れたものになることを証明しています。

Formlabsについて
Formlabsは利用可能なデジタル製作技術の幅を広げ、誰もが簡単にものづくりができるようにします。マサチューセッツ州サマービルに本社を置き、ドイツ、日本、中国、シンガポール、ハンガリー、米国ノースカロライナ州にオフィスを持つFormlabsは、世界中のエンジニア、デザイナ、メーカおよび意思決定者が求めるプロフェッショナル向け3Dプリンタを提供しています。Formlabsの製品には、光造形(SLA)方式の最新技術であるLow Force Stereolithography(LFS)™ 3Dプリント技術を搭載したForm 3、Form 3BおよびForm 3L、Form 3BLプリンタ、後処理ソリューションであるForm WashおよびForm Cure、Fuse 1 SLS 3Dプリンタ、Form Cell製造ソリューションなどがあります。また、Formlabs Factory Solutionsを通じて、要求が厳しく、発展しつつある産業用途に必要とされる適応性と汎用性を提供し、未来の工場へ革新する支援をしています。さらに、Formlabsは、業界最高クラスの3Dプリント用ソフトウェアに加え、3Dプリントの可能性を広げるさまざまな高性能素材も独自に開発しています。

報道関係各位からのお問合せ先:
Formlabs株式会社(フォームラブズ)
マーケティング部
新井原 慶一郎
karaihara@formlabs.com
080-9997-0387

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Formlabs Japan
ホームページ
 
代表者
新井原 慶一郎
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒350-1317 埼玉県狭山市
連絡先
080-9997-0387

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所