近畿大学×(株)愛しとーとコラボ商品第2弾 「近大ブリ」コラーゲン配合のシャンプー・トリートメント新発売



近畿大学の完全養殖魚を使用した天然資源保護につながるエコ商品を産学連携で開発
近畿大学(大阪府東大阪市)と株式会社愛しとーと(福岡県那珂川市)のコラボ商品第2弾となる、フルレングスコラーゲン配合の「UMIKARAシャンプー」「UMIKARAトリートメント」を、本日、令和2年(2020年)9月1日(火)に発売します。この商品は、近畿大学薬学部教授である多賀 淳が技術協力し、近畿大学が完全養殖した「近大ブリ」から抽出したフルレングスコラーゲンを使用しています。




 「近大マグロ」で有名な近畿大学と、食べるコラーゲン10年連続売上日本一の株式会社愛しとーとは、産学連携コラボ商品第2弾となる「UMIKARAシャンプー」「UMIKARAトリートメント」を、本日、令和2年(2020年)9月1日(火)に発売します。
 近畿大学と愛しとーとは、共同開発した「うるプラ美人ヘアウォーター」を5年前から販売しており、今回販売するシャンプー・トリートメントは共同開発商品の第2弾となります。
 世界の養殖研究をリードする近畿大学水産研究所が完全養殖した「近大ブリ」の皮から抽出されるフルレングスコラーゲンは、1匹のブリからほんの少ししか抽出できないだけでなく、繊細でちぎれやすいため抽出が難しく、すべて手作業で抽出と精製を行っています。繊細なフルレングスコラーゲンだからこそ、シャンプーに配合することも非常に困難で、4年もの歳月をかけて理想とする商品を完成させました。
 髪の表面に密着しやすく、髪をきれいに保つフルレングスコラーゲンの他にも、シルクやダメージを補修し乾燥を防ぐエンドウタンパク、スクワラン、シア脂など自然由来の保湿成分を配合し、健やかでうるおいに満ちた髪へと導きます。
 また、現在、毛髪からのたんぱく質溶出を防ぐ技術の共同特許※ を出願中です。
※ 近畿大学、株式会社愛しとーと、ほか2社による共同特許

【商品情報】
・発売日:令和2年(2020年)9月1日(火)
・商品名:UMIKARAシャンプー(300ml)4,070円(税込)
     UMIKARAトリートメント(200g)4,070円(税込)
・販売方法:
 愛しとーとのホームページもしくは下記の電話にて注文を受付
 https://www.0120041010.com/item/detail/i/737/?argument=yrRe6L6P&dmai=hp-umisyan-riri-su
・お問い合わせ:
 株式会社愛しとーと
 TEL: 0800-1000-777(フリーコール)
 受付時間 8:00~21:00

【近畿大学】
 14学部48学科、医学から芸術まで幅広い学問分野を網羅する私立総合大学。水産研究所は世界初のクロマグロ完全養殖で知られる養殖界のパイオニア。
・大学名:近畿大学
・学 長:細井 美彦
・所在地:大阪府東大阪市小若江3-4-1(東大阪キャンパス)
・学生数:33,234人(通学課程)※ 令和2年(2020年)5月1日現在
・学 部:法、経済、経営、理工、建築、薬、文芸、総合社会、国際、農、医、生物理工、工、産業理工学部

【株式会社愛しとーと】
 食べるコラーゲン10年連続日本一のコラーゲンゼリー「うるおい宣言」をはじめサプリメントや化粧品の開発・製造・販売を行う通信販売会社。
・会社名:株式会社 愛しとーと
・代表者:代表取締役兼CEO 岩本 初恵
・本社所在地:福岡県那珂川市今光6丁目23番地
・資本金:3,000万円
・事業内容:基礎化粧品・下着・健康食品の企画、製造、販売
・会社方針:美と健康をサポートする、通信販売事業展開、社会福祉への協力

【関連リンク】
●薬学部 医療薬学科 教授 多賀 淳 (タガ アツシ)
 https://www.kindai.ac.jp/meikan/806-taga-atsushi.html

●近畿大学
 https://www.kindai.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
近畿大学
ホームページ
http://www.kindai.ac.jp/
代表者
細井 美彦
上場
未上場
所在地
〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3丁目4-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所