学校法人聖学院 中長期計画「聖学院ビジョン」年次報告書発行 ~ 2019年度「法人・教育デザインプロジェクト」始動 ~



学校法人聖学院(東京都北区中里3-12-2、理事長:清水正之)は、創立120周年となる2023年を見据えた中長期経営計画「聖学院ビジョン」の2019年度年次報告書を、2020年6月1日に発行いたしました。聖学院は幼稚園から大学院までの9校を擁する総合学院で、少人数教育を大切にしているミッションスクールです。中長期計画である「聖学院ビジョン」の展開により、学院全体を貫く教育の具現化を目指す「法人・教育デザインプロジェクト」が2019年度からスタートしました。ほかにも「教育」「経営」各分野の取り組みをご報告しています。




■「聖学院ビジョン」の推進体制には経営6分野、系列9校のアクションプランが総括してあります。 2018年度にビジョンが策定され、2019年度には新しい取り組みが続々と展開されました。具体的には(1)パラスポーツプロジェクト、(2)国連WFP寄付メニュー、(3)プロジェクト型学習「糸魚川農村体験学習」、(4)「法人・教育デザインプロジェクト」の4つが挙げられます。

(1)パラスポーツプロジェクト
 女子聖学院中学校・高等学校と聖学院中学校・高等学校の合同プロジェクトです。このプロジェクトはパラスポーツの魅力を多くの人に伝え、インクルーシブな社会の実現に貢献することが目的です。
(2)国連WFP寄付メニュー
 SDGsプロジェクトチームが聖学院大学の学生食堂にて実施した取り組みです。学生が主体となり発足したSDGsプロジェクトチームは「食べることで子どもたちの笑顔を増やそう」と題し、学生食堂を運営する株式会社レパストの協力を得ながら、学食を食べると料金の一部が国連WFP(World Food Programme)に寄付されるアクションプランを企画・実施しました。
(3)「糸魚川農村体験学習」
 聖学院中学校・高等学校の中学校3年生が参加するPBL型の体験学習を通して、ガイドブックの作成等を企画・実施しました。印刷費をクラウドファンディングで集めるなど、生徒たちがチームで成功体験を作っていきました。
(4)「法人・教育デザインプロジェクト」
 各校の連帯を強めるため立ち上げられたもので、駒込にキャンパスを持つ聖学院中学校・高等学校、女子聖学院中学校・高等学校、聖学院小学校の3校が一体となり、「SDGs」「英語教育」「ICT教育」の3テーマによる教育連携に取り組んでいます。

【2019年度年次報告書】
 理事長メッセージ
 聖学院ビジョン概要と運営方法
 聖学院ビジョンTOPICS
 経営アクションプラン報告
 教育アクションプラン報告
 聖学院ビジョンNews & Topics
 会議報告

[ご参考]
■学校法人聖学院ホームページ 聖学院ビジョンレポート
 https://www.seig.ac.jp/report/vision_report/
■学校法人聖学院ホームページ
 https://www.seig.ac.jp/
■パラスポーツ応援プロジェクトオフィシャルサイト
 http://parapro.starfree.jp/#about-1
■大学プレスセンター 聖学院大学SDGsプロジェクトチーム「SDGs & 聖学院ニュースレター」発行
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-43552.html
■学校法人聖学院ホームページ お知らせ「&Talk 学びを、つなげよう。」
 https://www.seig.ac.jp/news/topics/4653/


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人聖学院 広報センター
松田・神戸
住所:東京都北区中里3-12-2
TEL:03-3917-8530
メール:pr_h@seigakuin-univ.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
学校法人聖学院
ホームページ
https://www.seig.ac.jp/
代表者
清水 正之
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒114-8574 東京都北区中里3丁目12-2
連絡先
03-3917-8351

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所