町家スタイルの宿泊施設『京の温所(おんどころ)※1』に初の製品導入 浄水器・浄水シャワー・人工炭酸泉で水にまつわる空間をサポート

~ 女子旅にオススメ 『京の温所(おんどころ) 丸太町』 4月25日(土)オープン~

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀昌之)のグループ会社である、浄水器の製造及び販売を行う三菱ケミカル・クリンスイ株式会社(本社:東京都品川区、社長:木下博之 以下、当社)は、4月25日(土)オープン予定の宿泊施設『京の温所※1 丸太町』に、ビルトイン浄水器、信楽焼浄水器<クリンスイ ※2JP100-C>、浄水シャワー※3<WS301>、人工炭酸泉製造装置※4の4製品を導入いたしました。

   

水を通じて様々な“コト体験”を提案してきた当社は、複数の種類の水による“コト体験”を滞在型施設で展開したいと、かねてより考えおりました。そのような中で、株式会社ワコールが展開する町家スタイルの宿泊施設『京の温所』と出会い、京町家をここちよく住まう「おうち」としてリノベーションし、宿泊施設として活用するというプロジェクトに賛同し、 “ここちよい水のある暮らしを感じてもらいたい”という当社の想いを、『京の温所 丸太町』への導入製品という形で実現することができました。
キッチンには、細部までこだわったビルトイン浄水器を設置。独自の3重ろ過システムにより高い浄水能力を持ちながら、上質な空間に溶け込むデザインです。併せて、日本のクラフトマンたちと取り組んだ「Cleansui Knows Japanese Crafts」プロジェクトから誕生した信楽焼浄水器「クリンスイ JP100-C」を設置。信楽の伝統技法による陶器サーバーを用いた同製品は、凛とした空間に馴染みながらも、独特の存在感を醸し出します。
シャワーヘッドは、水道水に含まれる残留塩素を除去する肌や髪にやさしい浄水シャワーヘッド「WS301」を使用しています。浴室には、温浴施設やエステティックサロンなどの施設に設置されている人工炭酸製造装置を導入。炭酸泉は人の肌とほぼ同じ弱酸性(pH4.5〜5.0)のため、なめらかで潤いのある肌づくりに役立ち、頭皮の毛穴に付着した皮脂や汚れにも働きかけると言われています。また施設には広々としたメイクアップコーナーを備えているため、グループで旅行される女性を中心に満喫いただける宿泊施設となっております。
明治時代(推定)に建てられた町家の歴史を守りながら、リノベーションを経て現代生活に寄り添う『京の温所 丸太町』での滞在中、当社製品での“コト体験”を重ねることで、彩り豊かな時間を楽しむことができます。

※1 京の温所は、株式会社ワコールがプロデュースしている一棟貸し切りの宿です。京都ならではの伝統的な京町家を一軒まるごとお楽しみいただきながら文化や環境に触れ、旅の解放感に浸たり特別な体験ができる宿です。
※2 「クリンスイ」は、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社の登録商標です。
※3 施設で使用されるシャワーのカートリッジは軟水カートリッジを使用しております。
※4 人工炭酸泉製造装置は当社のグループ会社である三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社の製品です。


■クリンスイの製品紹介

<キッチンに設置する製品>
●ビルトイン浄水器



ビルトイン浄水器
本製品はやさしいスワンネックタイプのアンダーシンクタイプ浄水器です。お湯・水の同時使用が可能なので料理シーンでお使いいただくには最適な製品となっております。

●信楽焼浄水器



信楽焼浄水器<JP100-C>
日本クラフトマンと共に作るプロジェクトで生まれた製品。信楽の伝統の釉薬や形、技法を現代の生活に馴染むように再解釈して制作された陶器のサーバーに、クリンスイの中空糸膜フィルターを搭載した浄水カートリッジを使用しています。Red Dot Award:Product Design 2018を受賞。

<浴室に設置する製品>
●浄水シャワー


浄水シャワー<WS301>※3
2017年1月には発売された美容市場向けブランド「WATERCOUTURE」の水道水に含まれる残留塩素を取り除くことができる脱塩素シャワーヘッドになります。浄水で敏感肌や赤ちゃんの肌にも優しいため上質なシャワータイムを実現できます。

●人工炭酸泉製造装置



当社のグループ会社である三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社の「EXCEL CARBO」になります。介護福祉施設をはじめ、銭湯、フィットネスクラブ、エステサロンなどで導入されています。




※写真はイメージです。
実際の泡の付着状況は個人差や設備環境、
および機種により異なりますので、御了承下さい。

“炭酸泉”は、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことで、別名「ラムネのお風呂」とも言われています。
炭酸泉に入浴すると、細かな泡が付着し、まるでラムネやシャンパンの中に入っているように感じられます。ぬるめのお湯でも実際の温度より約2、3度温かく感じるため、低い温度のお湯でゆっくり長湯すると良いでしょう。体の芯から温まり、湯上り後も体がポカポカ温かく、持続性が強いのが特徴です。

■『京の温所 丸太町』施設概要
  • <所在地> 京都府京都市中京区車屋町通夷川上る少将井御旅町341-2
  • <アクセス> 京都市営地下鉄丸太町駅徒歩2分
  • <開業日> 2020年4月25日(土)
  • <予約開始日> 2020年3月27日(金)
  • <延床面積> 94m2
  • <間取り> 1階:カフェスペース・アイランドキッチン、和室(掘りごたつ式)、
メイクアップコーナー(洗面)、お風呂(人工炭酸泉)、トイレ、庭
2階:ラウンジスペース、和室、ベッドルーム
  • <料金> 一泊30,000円~(人数と時期により変動)
  • <定員> 1~4名
  • <チェックイン> 16:00から(ワコール新京都ビル1階でのフロント受付は 10:00~17:00)
  • <チェックアウト> 11:00まで

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三菱ケミカル・クリンスイ
ホームページ
http://cleansui.jp
代表者
木下 博之
資本金
15,000 万円
上場
未上場
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー10階
連絡先
03-6633-9000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所