上海交通大学とのダブルディグリー・プログラム第3期生を輩出 両大学の学位取得者4人が卒業 -- 昭和女子大学



昭和女子大学(学長:金子朝子、東京都世田谷区)と、上海交通大学(中国・上海)とのダブルディグリー・プログラムを終了し、2つの大学の学位を取得した国際学部国際学科の学生4人が卒業しました。




 本学は、中国の国家重点大学である上海交通大学と1992年に国際交流協定を締結し、2013年度からダブルディグリー・プログラムをスタートさせました。
 このプログラムでは本学で3年間、上海交通大学で2年間、合計5年間学び、両大学の単位を修得します。
 今年度は第3期生となり、第1期生(2017年度)は10人、第2期生(2018年度)は12人が2つの大学の学位を取得しました。

 ダブルディグリー・プログラムは、韓国のソウル女子大学校とも進行しており、これから韓国の淑明(スンミョン)女子大学校、そして米国州立テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)とも新たにスタートします。
 特にTUJとのダブルディグリー・プログラムにおいては、TUJが2019年に昭和女子大学の敷地内に移転したため、海外滞在費や航空運賃などがかからず費用の面で魅力的です。原則としてTUJからの奨学金授与があるため、昭和女子大学の授業料を負担することで参加することが可能です。


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
昭和女子大学
ホームページ
http://www.swu.ac.jp/
代表者
金子 朝子
上場
未上場
所在地
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所