クラーク記念国際高等学校と小学館が無償開放する「基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)」にコンテンツ準拠の小テストを追加 -- 新型コロナウィルス感染拡大による休校要請を受け、個別指導用・家庭学習用教材として配布

大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦雄一郎)と株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)は、新型コロナウィルス感染症拡大による休校要請を受けて、2020年3月9日から自宅での家庭学習に活用できるスマホ・タブレット教材「基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)」を無償で開放していますが、今回、このコンテンツに準拠した小テストの公開も追加決定いたしました。




■公開の目的
 今回の一斉休校措置を受け無償開放中の「基礎力ステップアップ」について、保護者や教員がそのコンテンツの到達度を確認することができるものが必要と考え公開を決定しました。生徒個人がコンテンツを活用するだけでなく、自宅学習での成果確認として、また分散登校での個別学習の教材として、相互コミュニケーションをとりながら学習をするための教材としてご活用いただけます。

■「基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)」とは
 中学〜高校入学までの義務教育分野の学び直しとしてクラーク記念国際高等学校と小学館で共同開発されたタブレット教材です。「WEB上で自分の弱点(過去履修してきたのに理解していない・不得意な部分)をチェックできる」「先生が生徒の進捗状況や成績により、一人ひとりの学習内容を考えることができる」デジタル教材です。
・アクセス: https://www.osarai-drill.jp/contents/suc/
・無償提供期間: 3月9日(月)14時〜4月中旬頃(一斉休校の状況をみながら継続)
・対象: 中学1年~高校入学までの生徒
・内容: 漢字(小学1年生~高校卒業レベル、常用漢字1945字)、算数、数学、アルファベット練習、英語(単語)、英語(文法)
※ログイン画面の下部より準拠小テストPDFを閲覧できるようになっています。
<クライアント端末 動作環境>
●MS Windows
【OS】 Windows8.1、Windows10
【Webブラウザ】 Internet Explorer11、Edge最新版、Google Chrome最新版
●Mac
【OS】 Mac OS X 10.11 以上
【Webブラウザ】 Safari 最新版 、Google Chrome最新版
●iPad
【OS】 iOS10 以上
【Webブラウザ】 Safari 最新版 、Google Chrome最新版
●Android
【OS】 Android5.0 以上
【Webブラウザ】 、Google Chrome最新版、Google ChromeBook、Chrome OS最新版

■クラーク記念国際高等学校について
 「Boys, Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ唯一の教育機関として1992年に開校。通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせたさまざまな特徴ある授業を展開しています。

【株式会社小学館について】
・代表者: 代表取締役社長 相賀昌宏
・所在地: 東京都千代田区―ツ橋2-3-1
・会社設立: 1922(大正11)年
・事業内容: 出版業
・URL: https://www.shogakukan.co.jp/

【クラーク記念国際高等学校について】
・代表者: 校長 三浦雄一郎
・所在地: 北海道深川市納内町3-2-40(北海道本校)
・設立: 1992(平成4)年
・事業内容: 通信制高校
・URL: https://www.clark.ed.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
クラーク記念国際高等学校 広報部
TEL:03-3203-3600
メール:pr@clark.ed.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大学プレスセンター
ホームページ
http://www.u-presscenter.jp/
代表者
田所 浩志
資本金
1,000 万円
上場
未上場
所在地
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7住友不動産二番町ビル1階
連絡先
03-3515-3591

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所