キュナード 世界を巡るラグジュアリー・クルーズ 2022年春までの最新スケジュールを発表

ー「最後のフロンティア」アラスカを巡る2021年クルーズも運航決定ー

イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ライン キュナードは、2021年のアラスカクルーズと2022年春までの最新スケジュールを発表しました。
3隻の「クイーン」は、42カ国・93港に寄港、14港に停泊し、世界の有名な都市を巡ります。



クイーン・エリザベスは、2022年4月から6月にかけて横浜発着6クルーズを設定し、本州、九州、北海道の文化のルーツを探り、南は沖縄諸島を経て台湾の2つの港にも寄港します。
さらに、ご好評をいただいているアラスカクルーズは、2021年6月から9月にかけてシーズンを延長して運航します。「最後のフロンティア」と呼ばれるアラスカへのクルーズは、すべてバンクーバー発で、大規模な氷河で壮大な景観を誇るユネスコ世界遺産のグレーシャー・ベイ国立公園や、何百年もの時を経て巨大な氷河の力により形成されたアラスカのインサイド・パッセージなどを巡り、荘厳で神秘的な景色をお楽しみいただけます。
また、2021年11月から2022年3月にかけて、第二の故郷であるオーストラリアに帰郷します。キュナード初となるこのユニークな南太平洋クルーズでは、フィジー、バヌアツ、ニューカレドニアに寄港します。

旗艦クイーン・メリー2は、2022年初頭から温暖な地を求め、カリブ海、南米に向かいます。この壮大な旅の出発地はハンブルク、サウサンプトン、ニューヨークからお選びいただけます。
キュナードの代名詞とも言える大西洋横断クルーズを経て、東カリブ海、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、チリを巡ります。さらに著名な冒険家の足跡をたどりホーン岬を周り、世界的に知られるリオカーニバルの時期に合わせリオデジャネイロに寄港し、ニューヨークに戻ります。

クイーン・ヴィクトリアは、キュナードのワールド・クルーズの伝統を受け継ぎ、エキサイティングな世界一周の旅に出航します。2泊から112泊まで25本のコースを設定し、サモア、ハワイ、ニュージーランド、シンガポール、ニューギニア島を含む人気の高い世界各地に寄港します。
サンフランシスコ、シドニー、香港、シンガポール、ケープタウンなど、観光地として名高い都市にも停泊し、ご観光いただけるほか、パナマ運河を日中に運航し、その景観をお楽しみいただけます。

キュナードのプレジデントのサイモン・ペイルソープ(Simon Palethorpe)は、次のように述べています。「当社はラグジュアリー・クルーズの豊富な経験をもとに、ゲストの心を魅了するような数々の優雅なクルーズをつくりました。」
「このたび発表する2021年、2022年のクルーズでは、息を呑むような美しいデスティネーションと世界中の魅力的な寄港地を取り揃えました。ゲストに何年にもわたって語り継がれる忘れられない旅になると考えています。2泊のショート・クルーズから伝統の大西洋横断、世界一周まで、すべてのクルーズで、180年近くにわたり磨かれてきた、比類のないキュナードのホワイトスター・サービスと優雅な船上体験を提供します。」


◆2022年春夏日本発着クルーズ

香港~横浜クルーズ
4月 1日~4月13日(12泊13日)

2022年春夏 横浜発着クルーズ
4月13日~4月22日(9泊10日) 春の四国・九州と韓国 10日間
4月22日~5月 1日(9泊10日) 春の沖縄リゾートと台湾クルーズ 10日間
5月 1日~5月 8日(7泊08日) ゴールデンウィーク 新緑の九州と韓国 8日間
5月 8日~5月17日(9泊10日) 新緑の日本周遊と韓国 10日間
5月17日~5月26日(9泊10日) 北海道周遊とサハリン 10日間
5月26日~6月 4日(9泊10日) 初夏の日本周遊と韓国 10日間


キュナードについて
キュナードは、いつまでも心に残る体験を提供することで知られている、イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ラインです。
1840年以来、北大西洋での客船運航において常にリードし、2020年には創業180周年を迎えました。約2世紀に渡り、大西洋航路のパイオニアであり、世界のクルーズ・ラインをリードし続けています。
キュナードでは、洗練された食事、厳選されたエンターテインメント、優れたサービスなどを体験していただけます。5ツ星クラスのレストラン、ルームサービス、ゲストスピーカーによる講演、ライブラリー、映画に至るまで、ゲストの皆さまにいつまでも心に残る体験をしていただけるよう、きめ細やかなサービスを提供しています。
キュナードは現在、クイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの3隻を保有し、ヨーロッパ、カリブ海、アラスカ、アジア、オーストラリア方面に就航しています。
2017年には、4隻目の客船が2022年に就航することを発表しました。この投資により、キュナードはさらなる世界戦略を強化、1998年以来となる4隻同時就航を予定しています。
キュナードは、イギリス・サウサンプトンにあるカーニバル・ハウスに拠点を置き、1998年よりカーニバル・コーポレーションの傘下に入っています。
本件に関するお問合わせ先
お問い合わせ先 キュナード・ライン ジャパンオフィス 広報業務代行
株式会社プラップ ジャパン 担当:福田・岩坂
TEL:03-4580-9103  E-mail:cunard_pr@prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社カーニバル・ジャパン
ホームページ
https://www.princesscruises.jp/
代表者
堀川 悟
資本金
4,400 万円
上場
未上場
所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1Daiwa銀座ビル6階
連絡先
03-3573-3610

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所