仏産チーズ、コンテの多様性を形作るテロワール

-世界最優秀フロマジェ、ファビアン・デグレ氏が熱弁 -

   
コンテチーズ生産者協会(CIGC:フランス、ポリニー市)は去る11月12日~17日、世界最優秀フロマジェ、ファビアン・デグレ氏を招聘し、「コンテ・ウィーク」として都内各所で様々なイベントを開催しました。

コンテはフランス東部、ジュラ山脈一帯で1,000年以上の伝統を守って作られる熟成ハードチーズ。フランス産AOP(原産地呼称保護)チーズの中でNo.1の生産量を誇り、フランスのみならず世界中で広く愛されているチーズです。「コンテ・ウィーク」では、コンテの熟成会社で勤務したこともあり、コンテを深く愛するデグレ氏のナビゲートで、コンテの美味しさと多様性に迫りました。

会場はワインやチーズ好きが集まる田崎真也ワインサロン、日本酒にも詳しい赤坂あじる亭、自然派ワインにこだわる外苑前のアペロワインバー、そしてフレンチの巨匠・ドミニク・ブシェ氏が開いた銀座のカジュアルビストロ、レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ。それぞれワインや日本酒、シャンパーニュなど異なるテーマでコンテとのマリアージュや、コンテの比較テイスティングを行いました。

すべての会でデグレ氏が強調したのは、コンテのテロワールと多様性。デグレ氏は下記のように語りました。

コンテ作りで重要なのは牛が食べる草です。その土地の微生物相とテロワールを活かすため、地元の牛の生乳を使い、添加物を一切使わないので、牛が食べたものがダイレクトにチーズに反映されます。生産地域内でも標高や季節によって生息する草花は異なるので、コンテひとつひとつに個性があり、その多様性こそがコンテの長所なんです。日本では熟成期間が長いほど優れているという風潮がありますが、そんなことはありません。それぞれのコンテに最適な熟成度合があり、同じ熟成期間でも作られた季節や作り手、年によって全く風味が異なります。これからはぜひ製造年月に注目してコンテを選んでみてください。」

参加者は、食感やアロマ、風味などひとつひとつ異なるコンテの多様性と、ワインと同様に重要なコンテのテロワールに感銘を受けたようです。

コンテチーズ生産者協会は、このような活動を通して、コンテの美味しさや奥深さ、そしてその多様性を日本でさらに発信してゆく予定です。

*「コンテ」は、フランス東部のジュラ山脈一帯で、1,000年の伝統を守りながら職人が丹精をこめて作っている熟成ハードチーズ。添加物を一切使わないナチュラルな味わいと豊かな風味が魅力で、フランス産AOP(原産地呼称保護)チーズの中で最大の生産量を誇ります。フランスでは朝食からおやつ、料理やワインのおつまみにと、子供から大人まで広く親しまれており、日本でもチーズ愛好家の間で大変人気があります。

問い合わせ先:
コンテチーズ生産者協会 日本連絡事務所
株式会社 旭エージェンシー内
〒107-6033
東京都港区赤坂1-12-32
アーク森ビル33階
Phone:03-5574-7890
Fax:03-5574-7887
E-mail: info@comte.jp
https://www.facebook.com/comte.jp
https://www.instagram.com/comte.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
コンテチーズ生産者協会 日本連絡事務所
ホームページ
http://www.comte.jp/
代表者
Alain Mathieu
上場
未上場
所在地
〒107-6033 東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル33F
連絡先
03-5574-7890

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所