チームスピリット、自社の働き方改革に向けオフィスをリニューアル

〜 コンセプトは「進化するオフィス」! 〜


働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を開発・提供する株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、 以下 チームスピリット)は、今後のビジネス拡大、並びにコーポレートミッションである「すべての人を、創造する人に。」の実現に向け、東京本社のオフィスを本日12月9日(月)にリニューアルオープンしました。

今回リニューアルしたオフィスは「進化するオフィス」をコンセプトに設計しました。
1、余白を残し、変化していく
  最初に全てを作り上げるのではなく、未完成の状態から使い方を工夫し進化させていく
2、自分の働き方をデザインする
  毎日のルーティンを捨て、その日に必要な人や環境に合わせて働き方を変えていく
3、社内外の火を灯すコミュニケーションの場
  自然と人が集まり雑談が始まるきっかけとなるような環境を作る


リニューアルした新オフィスは、1) ビジネス拡大に伴う人員増加に対応するため、フロアを京橋創生館の4Fと6Fの2フロアに拡充、2) 自社の働き方改革、社員の生産性向上のため、コラボレーション機能を大幅に強化、また3) 今後のワーキングスタイルの変化に備え、フレキシブルで拡張性を備えたオフィスになりました。
なお、この度のオフィスリニューアルに伴い、お客様用入館入口は京橋交差点側の入口「エレベーターホールB」に切り替わっていますのでご注意ください。
https://corp.teamspirit.com/ja-jp/company/outline.html


【新オフィス概要】
 
所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階
アクセス:東京メトロ銀座線 京橋駅4番出口正面のビル(入口:エレベーターホールB)
デザイン:TRAILHEADS,Inc. / 江口智行建築設計事務所


【オフィス内部】 


自然と人が集まるカフェカウンターを中心としたコラボレーションフロア(手前)
来客スペースとの境界を曖昧にし、空間に広がりを持たせた執務スペース(奥)


4Fと6Fの上下階をつなげることを連想させる階段状のカフェカウンターデザイン


社内外のイベントを行うオープンなセミナースペース


気軽に会議を行えるミーティングスペース(手前)と気分を変えて仕事ができるカウンター席(奥)


【TeamSpiritとは】
「TeamSpirit」は勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化したクラウドサービスです。複数の機能が連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。
モバイルにも対応し場所を問わずどこでもシステムを利用することができるので、近年増加しているテレワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するB2B SaaS企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。

・チームスピリット、TeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種サービス名は、各社のサービス名称、商標または登録商標です



https://www.teamspirit.co.jp/
コーポレートホームページ: https://corp.teamspirit.com/ja-jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
株式会社チームスピリット 広報担当代理:小島・三橋・高木
TEL:03-5574-7890 e-mail: teamspiritpr@asahi-ag.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社チームスピリット
ホームページ
https://www.teamspirit.com/ja-jp/
代表者
荻島 浩司
資本金
73,309 万円
上場
マザーズ
所在地
〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-18京橋創生館4階
連絡先
03-4577-7510

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所