大妻女子大学博物館が11月19日~12月4日まで特別展「日本文学関係貴重書展示」を開催 -- 古今和歌集や源氏物語などの貴重書を展示



大妻女子大学博物館(東京都千代田区)では、11月19日(火)~12月4日(水)まで特別展「日本文学関係貴重書展示」を開催。古今和歌集(尊円親王筆)や源氏物語など、『大妻女子大学蔵本で読む くずし字』(大妻女子大学テキストシリーズ)の原本を中心に、近年新たに収集した資料を展示する。入場無料。




 大妻女子大学博物館は2007年に設立された「大妻女子大学生活科学資料館」が前身。その後、東京都教育委員会から博物館相当施設として指定を受け、2012年に「大妻女子大学博物館」へと名称を変更した。同大の創立者である大妻コタカ・良馬夫妻の生涯や大妻学院に関わる資料をはじめ、同大が収集してきたさまざまな資料を整理保存し一般に公開することで、同大の建学の精神や歴史・伝統・文化について、学内外により広く深く発信していくことを目的としている。

 今回の特別展では、Otsuma eBook(※)で公開されている『大妻女子大学蔵本で読む くずし字』(大妻女子大学テキストシリーズ)の原本を中心に、近年新たに収集した日本文学関連の資料を展示。古今和歌集(尊円親王筆)や源氏物語、南総里見八犬伝などの原本を実際に見ることができる。概要は下記の通り。

◆特別展「日本文学関係貴重書展示」概要
【会 期】 11月19日(火)~12月4日(水)※日曜休館
【展示品例】
・古今和歌集(尊円親王筆)
・詞花和歌集
・百人一首
・伊勢物語
・建礼門院右京大夫集
・源氏物語
・徒然草
・奈良絵本さころも
・曽我物語(古活字版)
・今昔物語集
・玉廼露
・雪梅芳譚犬の草紙
・南総里見八犬伝
【主 催】 大妻女子大学博物館
【共 催】 図書館・草稿テキスト研究所・文学部日本文学科・短期大学部国文科

■大妻女子大学博物館
【開館時間】 10:00~16:30
【入館料】 無料
【住 所】 東京都千代田区三番町12 大妻女子大学 図書館棟地下1階
【アクセス】
・JR総武線「市ケ谷」駅 地上改札口 徒歩10分
・東京メトロ南北線、有楽町線、都営地下鉄新宿線「市ケ谷」駅 A3出口 徒歩10分
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅 5番出口 徒歩7分
・東京メトロ東西線「九段下」駅 2番出口 徒歩12分
【URL】 https://www.museum.otsuma.ac.jp/
【TEL】 03-5275-5739

■大妻女子大学蔵本で読む くずし字(大妻女子大学テキストシリーズ)
 大妻女子大学文学部日本文学科で開講されている「変体仮名読解」のためのテキスト。同大が所蔵する貴重な古典籍の中から選りすぐりの善本を題材としている。
[編 者] 小井土守敏、君嶋亜紀、倉住薫、高木元(高は正しくは「はしごだか」)
[ISBN] 978-4-907136-19-2
[URL] https://www.ihcs.otsuma.ac.jp/ebook/book.php?id=62

(※)Otsuma eBook
 大妻女子大学人間生活文化研究所が管理・運営する電子書籍。学位論文や調査報告書、資料集などが無料で公開されている。パソコン、スマートフォン、タブレット等の多端末機器に対応しており、ダウンロードした書籍はオフラインでも閲覧できる。

▼本件に関する問い合わせ先
大妻女子大学 広報・入試センター 広報・募集グループ 
住所:東京都千代田区三番町12
TEL:03-5275-6011
FAX:03-3261-8119


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大妻女子大学
ホームページ
http://www.otsuma.ac.jp/
代表者
伊藤 正直
上場
未上場
所在地
〒102-8357 東京都千代田区三番町12

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所