追手門学院大学が11月17日に茨木市との連携による防災セミナーを開催 -- 地域の一時避難場所指定の総持寺新キャンパスが会場



追手門学院大学(大阪府茨木市:学長 川原俊明)は11月17日(火)、茨木総持寺キャンパスにおいて、地域・茨木市・大学の連携による防災セミナーを開催する。このセミナーは、一時避難場所になっている新キャンパス・茨木総持寺キャンパスについて地域住民に知ってもらい、今後の災害時に役立ててもらおうと、茨木市と共同で初めて開催するもの。当日は同キャンパス周辺の約6750世帯・1万6000人を対象として、避難場所である大学棟・アカデミックアーク1階の出入口付近を確認するほか、啓発動画の上映や非常食の配布を行う。




【ポイント】
○新キャンパス・総持寺キャンパスで地域・茨木市・大学による防災セミナーを開催
○総持寺キャンパスは茨木市の災害時一時避難場所として開放
○当日は一時避難場所の確認のほか、啓発動画の上映、非常食の配布も


 追手門学院は昨年12月に茨木市と協定を結び、今年4月に開設した茨木総持寺キャンパスの大学棟・アカデミックアーク1階の出入口付近を、災害時の一時避難場所として開放することを取り決めている。

 アカデミックアークは鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造5階建の逆三角錐の形状で、上層階へ行くほどせり出す構造になっている。1階出入口付近はちょうど軒下のようなスペースになっており、建物の中に入らなくても雨をしのぐことができる。

 また、キャンパスの周囲には塀などはなく自由に出入りができるほか、地域とキャンパスをつなぐ通路も整備しており、地域連携と防災の新しい拠点でもある。
 セミナーの対象となるのは、同キャンパス周辺の西河原小学校区約2100世帯と太田小学校区約4650世帯、合わせて約1万6000人。当日は、大学棟・アカデミックアーク1階の出入口付近を確認するほか、啓発動画の上映や非常食の配布も行う。


■防災セミナー概要

 日時: 11月17日(日) 14:30~16:00
 会場: 追手門学院大学総持寺キャンパス(大阪府茨木市太田東芝町1-1)
 内容: 一時避難場所の確認等の施設見学、啓発動画の上映、非常食の配布
 参加対象: キャンパス周辺の茨木市西河原・太田小学校区の住民

▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・足立
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
追手門学院大学
ホームページ
http://www.otemon.ac.jp/
代表者
川原 利明
上場
未上場
所在地
〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所