横浜高島屋女性社員ユニット“横浜西59”が歌う横浜新ご当地ソング「LOVE YOKOHAMA」をYouTubeにて配信開始!




「横浜愛の詰まった曲を作りたい。」

そんな思いから、開店60周年を迎えるにあたり、このプロジェクトはスタートしました。


横浜高島屋では、昨年、横浜市主催「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA」に合わせて男性社員によるダンスユニットを結成。参加したイベントでは多くのお客様からご好評をいただきました。
そして本年、「横浜音祭り」に協賛し、女性社員によるボーカルユニット<横浜西59(よこはまにしフィフティーナイン)>を結成いたしました。作詞・作曲を横浜高島屋社員が手掛け、ボイストレーニングや編曲、レコーディングにはプロのスタッフを起用。横浜の名所や四季の移り変わり、そして「出会い」「感謝」「夢」「未来」を曲の中に表現し、曲間には「横浜市歌」のフレーズも採り入れるなど、多くの方々に歌っていただきたいという願いを込めました。

そして、この度、山下公園や大さん橋などの横浜の観光名所を舞台に、曲をイメージしたプロモーションビデオを制作、11月1日(金)にYouTubeへの配信が開始いたしました。横浜愛のたっぷり詰まった楽曲「LOVE YOKOHAMA」をお楽しみいただけます。
YouTube 「LOVE YOKOHAMA」:
https://youtu.be/toUMqXYAsNg


作詞・作曲/YTプロジェクト(横浜高島屋社員)
編曲・プロデュース/Rip Current Productionスタッフ 
総合プロデュース/横浜高島屋店長 青木和宏
※「横浜市西区」、「横浜駅西口」に「1959年に開店」したことにちなんでユニット名を、また毎年春と秋に開催しているプロモーションタイトルから曲名をつけました。
※現在、横浜高島屋店内では、1日3回、店内用BGMとして使用しています。


問い合わせ先:045-311-5111(代表)





「LOVE YOKOHAMA」
作詞・作曲:YTプロジェクト 編曲:Rip Current Production


はじめて逢った西口の見慣れた風景に
歩き続けるふたり 未来へと進んでいく
港が見える街で育ったきみとぼくの航路は
水面を照らす光のように輝いてるよ

つらいとき押しつぶされそうな日も
ひとりじゃないからそばで笑っててくれる
さあ開こう未来への扉 今

桜降る汽車道舞い上がれ汽笛を追いかけて
この街のこの場所で希望を抱きしめながら
夏雲浮かぶ空を見上げて立ち止まったあの日も
思い出はいつだってありがとうで満ちている

潮風薫る街に生まれたぼくたちの未来は
カモメ導く空へ高く高く続いてく

苦しくて心折れそうな日にも
振り向いたらほらきみが笑っててくれる
さあ羽ばたこう新しい時代へと

秋色大通り逸る気持ち乗せた馬車道で
ひとつひとつ抱きしめて夢を形にしよう

粉雪のレンガ道包み込んだぬくもりに灯る
めぐる季節とともに光を求めていこう

風ゆく大さん橋歓声が上がったスタジアム
一歩一歩重ねるふたりでともに歩こう

ここからはじまる今この街に広がる風景に
あの日色した空がありがとうで満ちてるよ

いつまでもきみとともに


この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社高島屋
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/
代表者
村田 善郎
資本金
5,602,512 万円
上場
東証1部,大証1部
所在地
〒542-8510 大阪府大阪市中央区難波5丁目1-5
連絡先
06-6631-1101

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所