9月21日(土)、『関門海峡ミュージアム』がリニューアルオープン 乃村工藝社が門司港レトロの魅力化を加速させる空間創造・演出を担当

 令和元年9月21日(土)、北九州市の門司港に『関門海峡ミュージアム』がリニューアルオープンします。このたび、乃村工藝社が全面リニューアルの空間づくりおよび演出を担当いたしました。

 “関門海峡をまるごと楽しむ体験型博物館”をコンセプトに、子どもから大人まで何度来ても楽しめる、関門海峡の魅力をめぐる施設へと生まれ変わりました。
 最大の目玉は、「海峡アトリウム」に設置した4階から2階をつらぬく国内最大級、幅18m×高さ9mの巨大なセイル(帆)スクリーン。圧倒的なスケール感で時空を超えた海峡の魅力を伝えます。

 4階から2階にかけての「スロープ・アトリウムピット」では、セイルスクリーン映像の世界観と連動したインタラクティブ体験ができるほか、海峡の歴史ドラマを精巧な人形で再現した「海峡歴史回廊」、漁業や海運などで働く人々の営みを疑似体験する「海峡体験ゾーン」など、日本の歴史や文化、経済的な繁栄を育んできた関門海峡について、体験しながら楽しく学ぶ日本唯一の海峡ミュージアムになりました。

 当社は本施設のリニューアルに関して、館のコンセプトづくりから、展示や内装のデザイン・設計、施工、映像・インタラクティブコンテンツのディレクションなど、総合的にサポートいたしました。

 当社は、ディスプレイ業界のリーディングカンパニーとして、大型商業施設やホテル、博物館やワークプレイスなど国内外の様々な施設やイベントの企画、デザイン、制作・施工から、運営管理まで空間プロデュースを手掛けています。また現在は、創業から120年以上にわたり培ってきたそのノウハウを活かし、1つの施設だけではなく街や地域全体の空間づくり・活性化を通じて、地方創生や観光立国などの社会課題を解決することを目指しています

<リニューアルエリアの主な特徴>
■海峡アトリウム(4~2階吹き抜け)
ミュージアムに常設されているものでは国内最大級のセイルスクリーンで、関門海峡の自然や歴史の海峡
ドラマを大迫力映像で体験できます。

神風動画、イマージュ、テレビ朝日クリエイト4dといった日本を代表するアニメーションスタジオ、クリエイティブプロダクションが参加し、関門海峡の「水景」と「歴史」を最新の映像で表現しています。音楽も全てオリジナルで制作しました。

【水景プログラム】
(1)海峡の一日
Produced by | 乃村工藝社、テレビ朝日クリエイト 4d
Animation Production | イマージュ
Special Thanks | 第七管区海上保安本部、下関市立しものせき水族館 海響館
(2)光と音楽の海
Produced by | 乃村工藝社
Animation Production | テレビ朝日クリエイト 4d
Music by | Yasuhiro Nakashima


【歴史プログラム】
(1)古今関門海峡絵巻
Produced by | 乃村工藝社、テレビ朝日クリエイト 4d
Animation Production | 神風動画


(2)門司港ものがたり
Produced by | 乃村工藝社
Animation Production | テレビ朝日クリエイト 4d
Illustration | Koya Takahashi


■スロープ・アトリウムピット(4~2階吹き抜け)
スロープ壁面のモニターや2階のアトリウムピットでは、セイルスクリーン映像の世界観と連動したインタラクティブ体験ができます。歴史のクイズや魚をキャッチするゲームなど数種類のコンテンツがあり、成果を自分のスマートフォンにダウンロードすることもできます。

インタラクティブコンテンツはモンブラン・ピクチャーズ、Zero-Ten(ゼロテン)、空気(KOO-KI)などの福岡地域に根差したクリエイターが参加しています。

■プロムナードデッキ(4階)
関門海峡が一望できる大型客船のデッキをイメージしたラウンジカフェです。

■海峡歴史回廊(3階)
日本やチェコなどの著名人人形作家10名による、海峡を舞台とした歴史を精巧な人形で再現。

■海峡体験ゾーン(2階)
「操船シミュレーション」や「コンテナクレーンゲーム」など、関門海峡を楽しく学べる体験エリアです。
<エントランス>

なお、展示エリアへは2階よりエレベーターを使い、4階からご入場いただきます。4階よりスロープを降りる導線となります。

<当社担当者>
【空間演出総合プロデュース】岡 邦彦
【全体デザイン統括】正木 秀司
【制作施工】山野 吾朗
【プロジェクトマネジメント】楠元 夢樹

<施設概要>
施設名称:関門海峡ミュージアム
住  所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目3番3号
開館時間:10:00~18:00 ※シーズンによって変わる場合があります
利用料金:大人500円、小・中学生200円
     (2階の海峡こども広場は1才以上別途100円)
     ※団体料金設定あり
     ※1・2階 海峡レトロ通り、4階 カフェ・プロムナードデッキは無料
一般の方のお問い合せ先: TEL:093-331-6700 FAX:093-331-6702 
公式サイト:https://kanmon-kaikyo-museum.jp/

【乃村工藝社について】      
 乃村工藝社は、1892年の創業以来、商業施設、ホテル、ワークプレイス、博覧会、博物館などのさまざまな空間の総合プロデュース企業として、全国10拠点を展開し、プランナー、デザイナー、プロダクトディレクターなどの専門職が総計1,000名以上在籍しています。

 また現在は、空間に地元産材や森林認証材等の木材を活用し、林産業の自律的な経済活動や日本の森の保護・成長に貢献する「フェアウッド・プロジェクト」や、全国の伝統技術を空間に取り入れ高付加価値の空間提案をおこなう「JAPAN VALUE Project」などのクリエイティブ&プロダクトの開発にも注力しています。

 創業から120年以上にわたり培ってきたノウハウを活かし、地域資源の活性化や1つの施設だけではなく街や地域全体の空間づくり・活性化を通して、地方創生や観光立国などの社会課題の解決につながる空間価値の提供で人びとに「歓びと感動」をお届けしています。

本件に関するお問合わせ先
株式会社乃村工藝社 総務管理本部 広報部 担当:山崎
TEL:03-5962-4361 /MAIL:prs@nomura-g.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社乃村工藝社
ホームページ
http://www.nomurakougei.co.jp/
代表者
榎本 修次
資本金
649,700 万円
上場
東証1部
所在地
〒135-8622 東京都港区台場2丁目3番4号
連絡先
03-5962-1171

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所