サッカー女子W杯やコパ・アメリカ2019で盛り上がるサッカーの愛好者人口を紹介。『サッカー人口・実施率の推移』ウェブサイト開設。

2000年以降の、年1回・週1回以上サッカーを実施する推計人口を紹介しています。

 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、2018年7月から8月にかけて「スポーツライフ・データ(スポーツ活動に関する全国調査)」を、18歳以上の男女3,000人を対象に実施しました。(全体の調査報告書は、2019年3月に「スポーツライフ・データ 2018」を刊行済)

 種目別の運動・スポーツ実施率と推計人口を出しており、このたびSSF公式ウェブサイトで、年1回以上・週1回以上の「サッカー」実施率と推計人口を紹介するウェブサイトを開設いたしました。2000年以降の推移とともに、性別や年齢別の推計人口もわかります。

■サッカー人口(実施人口・愛好者人口)・実施率の推移
https://www.ssf.or.jp/report/sldata/tabid/1779/Default.aspx


(1) 年1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000~2018年):全体・性別

図1.年1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000〜2018年):全体・性別
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(2000~2018)より作成



表1.年1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000~2018年):全体・性別
注)推計人口は住民基本台帳の成人人口(人)に実施率(%)を乗じて算出
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(2000~2018)より作成


 全体の年1回以上の実施率は、2000年(2.2%)から2018年(4.2%)にかけ増加傾向にある。実施率の推移は、2000年から2012年にかけ継続して上昇し、2012年には5.6%まで増加した。その後は減少傾向に転じたが、2018年に再び増加した。
 性別にみると、実施率推移の傾向に違いはほとんどみられないものの、2000年調査以降男性の方が高い。

(2) 年1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000~2018年):年代別

図2.年1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000〜2018年):年代別
注)0.0は本調査において回答者なしの場合と回答者少数のため実施率が0.0以下になった場合を示す
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(2000~2018)より作成



表2.年1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000~2018年):年代別
注)0.0は本調査において回答者なしの場合と回答者少数のため実施率が0.0以下になった場合を示す
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(2000~2018)より作成


 年代別にみる年1回以上の実施率は、20歳代、30歳代、40歳代の順に高く、若い年代ほど実施率が高い傾向にある。特に30歳代と40歳代の実施率は、多少の増減はみられるものの、2000年以降継続して増加している。
 表2をみると、20歳代・30歳代男性の実施率が特に高く、サッカー実施者は若い年代の男性が中心であると読み取れる。

(3)週1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000~2018年):全体・性別

図3.週1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000〜2018年):全体・性別
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(2000~2018)より作成


表3.週1回以上の「サッカー」実施率の推移(2000~2018年):全体・性別
注)推計人口は住民基本台帳の成人人口(人)に実施率(%)を乗じて算出
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(2000~2018)より作成


 全体の週1回以上の実施率は、2000年(0.4%)から2018年(1.2%)にかけ増加傾向にある。
 性別にみると、男性の実施率は2000年の0.8%から2018年の2.0%へ増加傾向にある。女性の実施率は2000年の0.1%から2018年の0.3%とほぼ横ばいで推移している。サッカーを定期的に実施している人は男性に多い。


【調査概要】
調査内容: 運動・スポーツ実施、運動・スポーツ施設、スポーツクラブ、スポーツ観戦、
      好きなスポーツ選手、スポーツボランティア、生活習慣・健康、
      2020年東京オリンピック・パラリンピック 他
調査対象: 全国の市区町村に居住する満18歳以上の男女3,000人(男性:1,491人、女性1,509人)
地点数: 300地点
    (大都市88地点、人口10万人以上の市122地点、人口10万人未満の市65地点、町村25地点)
調査時期: 2018年7月6日~8月10日

【笹川スポーツ財団とは】

公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/

本件に関するお問合わせ先
この件に関するお問合せ先
笹川スポーツ財団 広報担当 竹下・清水  
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人 笹川スポーツ財団
ホームページ
http://www.ssf.or.jp/
代表者
渡邉 一利
上場
未上場
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル3階
連絡先
03-6229-5300

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所