2019年9月27日(金)グランドオープン「COREDO室町テラス」のメインテナント 台湾から日本初進出の「誠品生活日本橋」概要決定

日本橋に創造的で多彩な文化情報発信拠点が誕生

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)、誠品生活股份有限公司(本社:台湾台北市信義区 会長:吳旻潔(マーシー・ウー))、株式会社有隣堂(本社:神奈川県横浜市 代表取締役会長兼社長:松信裕)は、2019年9月27日(金)にグランドオープンする商業施設「COREDO(コレド)室町テラス」2階に出店する「誠品生活日本橋」の店舗概要を決定いたしましたので、以下のとおり発表いたします。

本リリースの概要
1.台湾から日本初進出の「誠品生活日本橋」が「くらしと読書のカルチャー・ ワンダーランド」をコンセプトに出店
2.店舗空間の設計は台湾を代表する建築家、姚仁喜(クリス・ヤオ)氏が担当
3.フロアは「誠品書店(書籍)」「文具」「セレクト物販・ワークショップ」「レストラン・食物販」の4ゾーンで構成
4.文学の香りただよう書籍ゾーンから「誠品書店」独自の読書文化を提案
5.日本初進出5店舗を含む約50の台湾ブランドや、日本をはじめ世界中から洗練されたアイテム、フード、ワークショップなどをセレクト

■「誠品生活」は、「Books, and Everything in Between. (本とくらしの間に)」のコンセプトのもと、書店からスタートし、読書と文化の交流を育む場づくりに注力し発展してきた台湾発の文化情報発信拠点です。“世界で最もクールな百貨店14”、“アジアで最も優れた書店”(※1)にも選ばれた「誠品生活」の日本第一号店となる「誠品生活日本橋」は、「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」をコンセプトに、日本橋の歴史・人々の暮らしの中で受け継がれてきた文化を「誠品生活」ならではの感性で編集し、創造的で多彩な文化情報を発信するプラットフォームになります。

■空間設計については、台湾を代表する建築家、姚仁喜(クリス・ヤオ)氏(「姚仁喜|大元建築工場(KRIS YAO | ARTECH)」代表)が手掛け、「古今交差」「新旧融合」のコンセプトのもと、日本橋の歴史・文化を「誠品生活」の美意識を通して表現したデザインとなっています。

■ゾーニングについては、「誠品書店(書籍ゾーン)」、「文具ゾーン」、「セレクト物販・ワークショップゾーン」、「レストラン・食物販ゾーン」の全4ゾーンで構成されます。誠品ならではの選書による書籍が並ぶほか、100近いブランドの商品をそろえる予定です。日本初進出5店舗を含む約50の台湾ブランドや、日本をはじめ世界中からセレクトした洗練されたアイテム、フード、ワークショップが、日本橋エリアに新しい風を吹き込みます。

■「誠品生活」最大の特徴である体験型イベントについては、文化人によるトークセッション、音楽イベント、アート展、料理実演など、バラエティに富んだコンテンツを定期的に展開します。

■店舗の運営については、「HIBIYA CENTRAL MARKET」(東京ミッドタウン日比谷内)など、書店の枠にとらわれない文化色豊かな店舗運営を行う株式会社有隣堂が担当します。

※1 「誠品生活松菸(松山)店」が2016年米国CNNの“世界で最もクールな百貨店14”に、「誠品敦南店」が2004年「TIME」誌アジア版の“アジアで最も優れた書店”などに選ばれています。



「誠品生活日本橋」のコンセプト
「誠品生活」は、「Books, and Everything in Between. (本とくらしの間に)」のコンセプトのもと、文化と創造性を結びつけることを理念とした台湾発のブランドです。

また、「都市の文化をつくる一員」として、各地の特色や文化を活かし、地元都市の精神性や人々との交流を尊重した店づくりを大切にしています。台湾をはじめ、香港、蘇州、深圳などの国・地域ですでに展開する48店舗も、それぞれ異なったテーマでその都市の文化や特色を取り入れた店舗を作り上げています。その独自性は高く評価され、「誠品生活松菸(松山)店」が2016年米国CNNの“世界で最もクールな百貨店14”に、「誠品敦南店」が2004年「TIME」誌アジア版の“アジアで最も優れた書店”などに選ばれています。

「誠品生活」は、江戸時代より文化・商業の中心であった日本橋で、日本進出の第一歩を踏み出します。
「誠品生活日本橋」は従来からの理念をしっかりと踏襲することに加えて、日本橋の歴史・人々の暮らしの中で受け継がれてきた文化を「誠品生活」ならではの感性で編集します。人と人・人と文化・人と環境などを繋ぐ架け橋としての役割を果たすべく、「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」をテーマに、4つのゾーンで構成された、創造的で多彩な文化情報を発信するプラットフォームを目指します。



「誠品生活日本橋」の空間設計について
空間設計を手掛けたのは、台湾を代表する建築家 姚仁喜(クリス・ヤオ)氏です。姚氏は台北の「誠品敦南店」や中国第一号店である「誠品生活蘇州」の設計も手掛けており、「誠品生活日本橋」が「誠品生活」との3度目のコラボレーションとなります。

「誠品生活日本橋」のデザインは、姚氏が日本橋の歴史・文化にインスピレーションを受けて「古今交差」「新旧融合」を表現したものとなっており、伝統的な日本建築の特色を「誠品生活」の美意識を通して解釈した空間が広がります。

姚仁喜
1951年 台湾 台北市生まれ。1975年 台湾東海大学建築学科 卒業、1978年 カリフォルニア大学バークレー校建築学科 修士課程修了。「姚仁喜|大元建築工場(KRIS YAO | ARTECH)」代表。中華圏を中心に活躍。
土地の特性に合った革新的かつ的確な手法を用い、自然と人文を融合させた卓越したデザインを実現することを理念とし、オフィスビル、商業施設、ホテル、音楽ホール、劇場、博物館、駅、教育施設、住宅、宗教施設、都市計画など、幅広い分野で建築設計を手掛ける。

○代表作:
水月道場(台湾)、国立故宮博物院南部院区-アジア芸術文化博物館(台湾)、宜蘭県立蘭陽博物館(台湾)、烏鎮劇院(中国)、誠品生活蘇州(中国)
○主な受賞歴:
第11回「国家文芸賞」(台湾最高の文化芸術賞)建築部門(2007年)アメリカ建築家協会(AIA)「栄誉会員」(2014年)
○主な出展歴:
ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2002年、2008年、2014年)ロッテルダム国際建築ビエンナーレ(2003年)



「誠品生活日本橋」のゾーニングについて
「誠品生活日本橋」は、「誠品書店(書籍ゾーン)」、「文具ゾーン」、「セレクト物販・ワークショップゾーン」、「レストラン・食物販ゾーン」の全4ゾーンで構成されます。(店舗面積約870坪)



(1)誠品書店(書籍ゾーン)
1989年の創業以来、独自の観点で読書文化を形成してきた「誠品書店」。「誠品生活日本橋」では、世界的に評価の高い「誠品書店」のノウハウが最大限に活かされた売り場を構築します。
「誠品書店」の目利きで精選される書籍は、日本語の書籍を中心に、一部中国語を含む外国語書籍も企画展とあわせて取り扱う予定です。ジャンルも文学を軸として、人文、アート、デザイン、ビジネス、旅、料理など、豊富に展開します。特に、中央通りに面した空間に設ける長さ約30メートルの「文学回廊」コーナーには、世界的名作文学がそろいます。窓際に配置された座席で、自然光のもと、心地よく読書をお楽しみいただけます。
また、選書専門チームによる企画展「誠品選書」(※2)なども台湾と同様に展開予定です。時代やジャンル、知名度を問わず名著にスポットを当て、一般的なベストセラーランキングとは異なる独自の視点から読書に関する新しい気づきを提案します。
さらに、併設されるイベントスペース「forum(フォーラム)」では、新刊発表会や講演会、映画鑑賞会なども実施予定です。

※2 「誠品選書」…1990年開始の誠品書店の選書専門チームによるプロジェクト。 時代を問わず、古典的な名作から、現在の隠れた名作まで、各ジャンルから毎月8~10冊を選び、誠品書店ならではの推薦書籍を提案します。


(2)文具ゾーン
これまで世界中から延べ1,000以上の文具ブランドを台湾の顧客に紹介してきた経験を活かし、「誠品生活日本橋」でも独自の文具ゾーンを展開します。「誠品生活」オリジナル文具をはじめ、書斎にふさわしいアイテムや初心者にも扱いやすい画材・紙製品など、世界中の文具ブランドからセレクトしたデザイン性の高い文具が生活に彩りを添えます。
さらに、文具にまつわる企画展やワークショップも定期的に開催予定です。台湾で2017年に開催した大規模文具展「理想的文具」では、約100種類の限定商品を含む1万種類以上の文具の販売・展示、人気イラストレーターによるワークショップなどを開催しました。日本でもさまざまな切り口から文具の魅力を発信します。



(3)セレクト物販・ワークショップゾーン
「誠品生活」がセレクトする、伝統技法と現代的デザインを融合させた物販・ワークショップゾーンでは、日台をはじめ世界中からセレクトした洗練されたアイテム、フードが並び、さまざまなワークショップを行います。

台湾でいくつもの新しいデザインブランドを発掘・支援してきたインキュベーションプロジェクト「誠品生活expo」を、「誠品生活日本橋」でも導入します。日本と台湾のブランドを中心に商品をセレクトし、日台の文化交流を図ります。
さらに、台湾で人気の漢方ライフスタイルブランド「DAYLILY」、ハーバルケアブランド「阿原 (YUAN)」、台湾茶からつくられた香水ブランド「P. Seven 茶香水」、150年以上の歴史をもつ中華菓子の老舗「郭元益」などのブランドも入居し、台湾文化を身近に感じていただけるラインナップとなっています。

また、本格的なものづくり体験ができる多彩なワークショップも行います。「誠品生活松菸(松山)店」で展開されている、本格的な窯を備えた吹きガラスワークショップを「誠品生活日本橋」でも再現します。そのほか、「注染手ぬぐい にじゆら」「L&Co.」「Creema STORE」「meta mate」「工場十貨店」などの店舗では、日本の技術・ものづくり精神を活かした商品を展開するほか、暮らしを彩る染め物やアクセサリーづくり、金属加工などのワークショップを開催します。



(4)レストラン・食物販ゾーン
台北で人気の台湾料理レストラン「富錦樹台菜香檳 (フージンツリー)」や150年以上の歴史をもつ老舗台湾茶荘「王德傳」のティーサロンが日本初出店となるほか、日本橋エリア初出店となる「猿田彦珈琲」や台湾発のティースタンド「THE ALLEY」が出店します。大屋根広場に面したテラス沿いの明るい空間で、読書とともに料理やドリンクをお楽しみいただけます。
また、食物販ゾーン「誠品生活市集」では、人気グローサリーストア「FOOD & COMPANY」とコラボレーションします。季節感を大事にしながら、日台を中心に、現代人の食生活にも合う伝統食材やキッチン雑貨を集めます。併設される「COOKING STUDIO」では、日台をはじめとした世界中の食文化を紹介する料理実演イベントや、食のワークショップも定期的に開催する予定です。



実施イベントについて
「誠品生活」が力を入れているのが、全48店舗を通じて毎年合計5,000回以上開催されている、体験型イベントを通した新たなカルチャーの提案です。イベント内容は、文化人によるトークセッション、音楽イベント、アート展、手作りワークショップ、シェフによる料理の実演など多岐にわたります。
「誠品生活日本橋」のオープンにおいても、一連のスペシャルイベントを開催する予定です。
<「誠品生活」が過去に実施したイベント例>


「誠品生活日本橋」の事業スキームについて
三井不動産株式会社と誠品生活股份有限公司は、日本における「誠品生活」事業のライセンスを保有する合弁会社「誠品生活MF株式会社」を設立しました。「誠品生活日本橋」は、「HIBIYA CENTRAL MARKET」(東京ミッドタウン日比谷内)など、書店の枠にとらわれない文化色豊かな店舗運営を行う、株式会社有隣堂がライセンシーとして運営します。
なお、三井不動産株式会社はこれまで商業施設運営において、多数の海外ブランドを誘致してまいりましたが、ライセンス保有会社への共同出資は初めてとなります。

「誠品生活」とは
「誠品生活」(運営会社正式名称:誠品生活股份有限公司)は、「Books, and Everything in Between.(本とくらしの間に)」をコンセプトに、各地の特色や文化を生かし、地元都市の人々との交流を大切にした店づくりに取り組んでいます。発祥の地である台湾をはじめ、香港、蘇州、深圳などの国・地域に48店舗を展開。
また、書店だけでなく、ギャラリー、パフォーマンスホール、映画館、ワインセラーなど多種多様な文化・コンテンツを共有する場を運営し、さらには外食業、ホテル業をも手掛けています。“世界で最もクールな百貨店14”に選ばれるなど、海外で非常に高く評価される「誠品生活」の日本での出店は、「誠品生活日本橋」が初となります。


「有隣堂」とは
明治42年(1909)創業。書籍、文具等、文化・教養・教育に関する商品の販売のほか、官公庁、学校、病院、法人への営業、音楽教室やカルチャーセンターの運営、指定管理者制度による図書館や公民館の運営、出版など多岐に渡った事業を展開しています。東京・神奈川・千葉に56店舗を展開。社名は「徳は弧ならず、必ず隣有り」(論語里仁篇)に由来しています。
2018年3月には居酒屋や理容店、アパレルショップなどを複合した店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET」を東京ミッドタウン日比谷にオープンするなど、新しい取り組みを続けています。


この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三井不動産株式会社
ホームページ
http://www.mitsuifudosan.co.jp/
代表者
菰田 正信
資本金
17,429,600 万円
上場
東証1部
所在地
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所