SAS、Forrester社の調査レポートで「リアルタイム・インタラクション管理」のリーダーに選出

SAS、リアルタイム・インタラクション管理(RTIM)における意思決定のリアルタイムの判断、分析、最適化のための、厳格なアナリティクス要件への対応に関して優れた評価を獲得

今日の競争の激化したハイペースな世界では、優良顧客は企業にとって貴重な存在ですが、その一方で、ブランドが顧客と有意義に結びつく機会はごく短期間です。したがって、最高のカスタマー・エクスペリエンス(CX)を実現するためには、顧客に影響を与えるような意思決定は、迅速かつ情報に基づいたものであり、また、パーソナライズと正確性をもって実行されなければなりません。SASは、SAS® Customer Intelligenceを使用することで、CXへの取り組みを加速したいと考える企業に対し大きな利点をもたらします。SASは、「The Forrester Wave™: Real-Time Interaction Management, Q1 2019」(Forrester Wave™:リアルタイム・インタラクション管理、2019年第2四半期) においてリーダーに選出されたことで、この優位性が裏付けられたと確信しています。同レポートによると、「SASは、最高水準のアドバンスド・アナリティクスをリアルタイム・インタラクション管理に適用します。」としています。

同レポートは次のように述べています。「SASは(驚くべきことではありませんが)、意思決定のリアルタイムの判断、分析、最適化に関するRTIMの厳格な分析要件を満たすのに優れています。北米、ヨーロッパ、アジアを代表する金融サービス業、小売および通信会社からの言及は、技術力とビジネス価値の両方に関してSASを称賛しています。そのうちの1社は、『当社が、当業界において最もアナリティクス・ドリブンなプレーヤーになるために役立っています』と述べるほど、SASを高く評価しています。」

SASは、意思決定のリアルタイムの判断、顧客の認識、測定と最適化の評価項目に関して満点のスコアを獲得しています。また、ビジネス・テクノロジー・ビジョン、イノベーション・ロードマップおよびサポート製品とサービス製品とサービスの基準で満点のスコアを獲得しています。

意思決定のリアルタイム判断とは、自動化と人工知能(AI)を用いてリアルタイムで顧客をよく理解し、マーケティング・オファーや与信判断、あるいは顧客に与える影響への対応に関して最良の意思決定をします。顧客ロイヤルティは、多くの場合、わずか数秒のうちに適切なオファーを提供できるかどうかに左右されます。例えば、パーソナライズしたクーポンを顧客が来店した瞬間にスマートフォンに送信することは、顧客とブランドの双方にとってメリットがあります。リアルタイム意思決定支援機能は、そうしたメリットの実現を可能にします。

SASのGlobal Customer Intelligence部門のプリンシパルであるリサ・ロフティス(Lisa Loftis)は、次のように述べています。
「成功するためには、顧客に影響を与えるすべての意思決定が、的確かつタイムリーで、パーソナライズされていなければなりません。このレポートにおけるリーダーとしてのSASのポジションは、当社のカスタマー・インテリジェンス製品群、とりわけ、SAS Customer Intelligence 360およびSAS Intelligent Decisioningが、企業のカスタマー・エクスペリエンスを向上させるために必要な “AIを基盤とするアナリティクスとリアルタイム意思決定支援機能” を提供していることの表れであると確信しています。」

リアルタイム・インタラクション管理(RTIM)は、どのような顧客接点かに関係なく、ブランドが顧客を獲得し、サービスを提供し、維持するために必要なパーソナライズされた体験を提供するために極めて重要なCXテクノロジーです。Forrester社によると、「RTIMは、洗練された意思決定エンジンを用いて顧客データ、コンテンツ、チャネルを統合することで、マーケティングとカスタマー・エクスペリエンスの提供とを連携させます」。RTIMと業務遂行上の意思決定に関する主要製品SAS Intelligence Decisioningは、マーケティング担当やCX責任者があらゆるインタラクション・チャネルで、タイムリーかつ的確な意思決定を実現できるように支援するSAS Customer Intelligenceソフトウェア製品群のひとつです。

<SAS Institute Inc.について
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
堀田 徹哉
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所