「第22回 JR京都駅ビル 大階段駈け上がり大会」で本学学生が平安衣装を身にまとい那智勝浦町を盛り上げます!!~「京都橘大学・熊野再発見プロジェクト」による観光PR支援



京都橘大学(学長・細川涼一)ではこのたび、2月23日(土)にJR京都駅において開催される「第22回 JR京都駅ビル 大階段駈け上がり大会」(主催:KBS京都)に、和歌山県那智勝浦町とともに参加します。これは、現代ビジネス学部都市環境デザイン学科木下達文教授と学生が、那智勝浦町の観光PRを支援することを目的に行うもので、学生が平安衣装や那智で修行経験のある安倍晴明などの衣装を身にまとい、走者として参加します。また、京都駅構内では「まちづくり研究会」の学生9名が那智勝浦町のPR活動を行い、同町への誘客に協力します。




※「京都橘大学・熊野再発見プロジェクト」について
 このプロジェクトは、世界遺産を含む多くの観光資源を有しながらも、観光客増加や2011年の台風被害からの復興などの課題を抱える当該地域の観光・地域振興に協力することを目的に、那智勝浦町観光協会と連携し、2014年度から取り組んでいます。2016年6月には、和歌山県が推進する自治体と大学が地域の課題解決に向けた活動を連携して進める「大学のふるさと」協定を本学と那智勝浦町とで締結し、行政や観光協会と連携したインターンシップの実施やエクステンション講座の開催など地域振興への貢献や連携強化に向けたさまざまな取り組みを行っています。地域連携の経緯や、これまでの活動について記載した特設ホームページも作成しています(URL: http://tachibana-u.wix.com/kumano-pj )。

【大階段駈け上がり大会参加について】
・目 的:
 那智勝浦町の観光PR支援
・日 程:
 2019年2月23日(土) 駈け上がり時間は12:28頃(予定)
・場 所:
 JR京都駅大階段およびその周辺
・支援内容:
 大階段駈け上がり大会に那智勝浦町と本学学生の混合チームで参加。また、同地域をPRするための資料配布をする。
・参加チーム名称:【那智勝浦町 powered by 京都橘大学(※)】
・参加形式:一般部門(4人一組)
・走者:
 第1走者 那智勝浦町役場職員
 第2走者 京都橘大学文学部日本語日本文学科2回生
 第3走者 那智勝浦町役場職員
 第4走者 京都橘大学健康科学部救急救命学科1回生
※今回のチームテーマは「熊野飛龍隊(くまのひろうたい:那智の大滝は滝自体が御神体で飛龍(ひろう)神社といいます)」。那智で修行経験のある陰陽師(安倍晴明)に加え、平安貴族、守護武士、比丘尼(びくに)の装いで出走を予定しています。


▼「大階段駆け上がり大会」についての問い合わせ先
 運営事務局:KBS京都事業部
 TEL :075-431-7350
 FAX :075-431-8309

▼本件に関する問い合わせ先
京都橘大学企画広報課
住所:〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
TEL:075-574-4112
FAX:075-574-4151


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
京都橘大学
ホームページ
http://www.tachibana-u.ac.jp/
代表者
細川 涼一
上場
所在地
〒607-8153 京都府京都市山科区大宅山田町34 

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所