三井不動産初のアウトレット建替え事業「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」12月3日着工、2020年春 開業予定

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、神奈川県横浜市金沢区白帆5-2にて、「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」を推進しており、本日(12月3日)新築工事を着工いたしましたので、お知らせいたします。なお、開業は2020年春を予定しています。

本計画は、首都高速湾岸線「杉田」IC・横浜横須賀道路「並木」ICから約1.5km、横浜シーサイドライン「鳥浜」駅から徒歩5分という自動車・公共交通機関双方のアクセス至便な立地にあります。1998年9月以来、「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(開業当時の施設名:横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ)として多くのお客さまにご愛顧いただきました施設を一時閉館し、お客さまや時代のニーズに応じた施設へと機能を刷新するものです。


外観イメージ(南東側)

当施設の主な特徴

1.商業機能
本計画により、従前80店舗の店舗数を約150店舗に拡充する予定です。国内外のファッションブランド・高感度セレクトショップ・キッズ・スポーツ&アウトドア・生活雑貨など、幅広いブランドをより一層充実させることで、若者、ファミリー層からシニアまで幅広い世代のお客さまが楽しめる施設を目指します。また、海沿いに飲食店舗を拡充し、滞在型のアウトレット施設へと機能を強化します

 
外観イメージ(北西エントランス) / 外観イメージ(海に面する飲食エリア)

2.施設計画
デザインコンセプトを“NEW MARINA LIFE”とし、お買いものに限らず、散歩・ジョギング・海や船の並ぶ景色を眺めながらの食事など、お客さまに思い思いの時間をお過ごしいただける賑わいある、滞在価値の高い施設づくりを目指します。
建物内外装は、開放感を感じさせる「白」を基調とし、居心地のよい「ライトブラウン」、海沿いの賑わいを演出する「ネイビー」を随所に採用する予定です。また、施設中央には約2,000m2の中庭を配し、イベント広場やレストスペースを充実します。

 
外観イメージ(北東エントランス) / 施設内イメージ(中庭)

3.地域連携
本計画では地域連携を1つの柱として、各種取組みを実施します。日本最大級のマリーナに隣接した環境ならではの取組みとして、マリーナ運営事業者である横浜ベイサイドマリーナ株式会社の船舶オーナーサロンをはじめとしたマリーナ事業関連機能や船舶ディーラーショップを新設するほか、LINKAI横浜金沢(金沢臨海部産業地域)※1の魅力発信のため、NPO法人Aozora Factory※2とのイベント連携等により地域を盛りあげるとともに、地域の雇用創出にも貢献してまいります。

※1 1960 年代から住工混在などの解消を目的に埋め立てられた産業集積エリア。製造業、卸・小売業、運輸・物流業を中心に主に中小企業が集まり、1,000 社を超える企業・事業所が立地している。
※2 金沢区をはじめとする横浜市の産学官が連携協働して、地域の経済活性化と魅力発信・青少年の健全育成、地域住民の交流を行うために設立されたNPO法人。


*掲載画像はすべてイメージです。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三井不動産株式会社
ホームページ
http://www.mitsuifudosan.co.jp/
代表者
菰田 正信
資本金
17,429,600 万円
上場
東証1部
所在地
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所