現代日本画壇を代表する日本画家19人が「花」を主題として描いた作品を一堂に。横浜高島屋美術画廊にて、11月6日(火)まで開催。 『高島屋美術部創設110年記念ー雪月花ー 花二十題<日本画>』

日本の四季の風雅を象徴する“雪月花”。これまでに、高島屋では、現代日本画壇を代表する19人の日本画家により「雪」「月」を主題とする作品を発表。3回目となる今展の主題は「花」。今回もそれぞれの画家の渾身の作品が並びます。横浜店での開催が最終会場となります。お見逃しなく!ぜひご覧ください!

百貨店の美術画廊で、美しい花々の鑑賞はいかが?
19人の日本画家の「花」をテーマにした作品と、
参考出品として高島屋所蔵の作品を加え、あわせて20点を展観します。

気品とストーリーが溢れる、画中それぞれに咲く花の競艶を、ぜひご覧ください♪

<出展作家と作品名>
石踊達哉『夜桜』、伊藤 彬『吉野追憶』、上村淳之『花の中』、
川崎鈴彦『芥子坊主』、小泉智英『冬椿』、鈴木竹柏『花ひらく』、
千住 博『夜桜満開』、竹内浩一『余呉の雨』、土屋禮一『紫陽花』、
手塚雄二『花風』、中島千波『朝顔』、中野嘉之『睡蓮』、
那波多目功一『菊花』、西田俊英『華・鳥』、稗田一穂『黎明』、
平松礼二『花乃富士』、牧 進『緑雨』、松本 勝『花菖蒲』、
森田りえ子『秋華』

<参考出品>松尾敏男 『花の雨』


展観作品の一例■

石踊達哉『夜桜』



小泉智英『冬椿』



土屋禮一『紫陽花』



手塚雄二『花風』



那波多目功一『菊花』



西田俊英『華・鳥』



高島屋美術部創設110年記念 -雪月花ー花二十題<日本画>
■10月31日(水)から11月6日(火)まで
 ※連日午前10時から午後8時まで。最終日は午後4時閉場。
■横浜高島屋 7階美術画廊

お問い合わせ先  横浜高島屋 TEL 045-311-5111(代表)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社高島屋
ホームページ
http://www.takashimaya.co.jp/
代表者
木本 茂
資本金
5,602,512 万円
上場
東証1部,大証1部
所在地
〒542-8510 大阪府大阪市中央区難波5丁目1-5
連絡先
06-6631-1101

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+