全国23大学56チーム280人の大学3年生によるスポーツ政策学生会議 「Sport Policy for Japan2018」を開催

最優秀賞 明治大学 澤井ゼミナールB
「キャリスタ同窓会〜同窓会は地方とJクラブを救うか?〜」

笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、日本のスポーツ政策や諸課題に問題意識をもつ大学3年生を対象とした、政策提言発表大会「Sport Policy for Japan2018」(SPJ2018)を開催いたしました。参加チームは、10月27日、28日に口頭発表を行い、事前提出された提言要旨と合わせ、厳正なる審査の結果、最優秀賞、優秀賞・特別賞が選出・表彰されました。

------------------------------------------------------------------------------------
最優秀賞
明治大学/澤井ゼミナールB 「キャリスタ同窓会〜同窓会は地方とJクラブを救うか?〜」
選考理由:地方自治体が抱える社会課題や地方Jクラブが持つ問題を解決する実効性の高さを評価



優秀賞(5チーム)
◆亜細亜大学/石黒ゼミA 
「母親のスポーツ実施率向上を目指して~保育園の休園日を活用した
新規事業の提案~」
◆静岡産業大学/香村ゼミナール
「中学生の運動習慣改善のために~レクリエーション志向の運動部
活動普及に向けて~」
◆東海大学/秋吉ゼミ
「非行少年をスポーツで救え!― 総合型地域スポーツクラブを活用した政策―」
◆立教大学/松尾ゼミナールA班
「特別支援学校における肢体不自由児への『みる』スポーツ支援の確立
~『みるパラ!』プロジェクト~
◆立教大学/松尾ゼミB  
「働く未婚女性のスポーツ実施率向上にむけた『ゆずプロジェクト』
-ウエルネスの観点から-」



特別賞(6チーム)
・大阪体育大学  冨山ゼミAチーム  
・神奈川大学   大竹ゼミナールチームJ
・県立広島大学  和田ゼミ 
・東海大学    大津ゼミ
・一橋大学    岡本ゼミチームI
・早稲田大学   間野義之ゼミ
------------------------------------------------------------------------------------

審査員 玉木正之氏(スポーツライター)コメント
本SPJには、大会初年度の2011年から審査員として関わっていますが、年を重ねるごとに学生たちの提言のまとめ方がますます向上していると感じます。今回、最優秀賞に輝いた明治大学の提言は、地方自治体が抱える人口流出などの社会課題や地方Jクラブが持つ観戦者数の減少などを解決する実効性の高さが評価されました。
日頃、スポーツを学ぶ大学3年生がスポーツのもつ価値や社会に与える影響力などについて考えを巡らせ、提言という形にまとめる機会は非常に貴重であり、大事にしてもらいたいと思います。個人的には、提言内容やプレゼン技術が洗練されることを歓迎する一方、大学生ならではの大胆な発想や、ブレイクスルーの可能性を秘めたアイディアをもっと見たいという気持ちも強いです。今後も継続的に関わりながら、そうした点での成長にも期待したいと思います。
------------------------------------------------------------------------------------


【受賞チーム一覧】




------------------------------------------------------------
Sport Policy for Japan2018 概要

【目 的】 笹川スポーツ財団では、スポーツ界に寄与する人材を複層的に育成することを事業の重点テーマのひとつとしており、参加学生が将来的にスポーツ分野の研究者になることを期待するだけでなく、研究者にならずとも「生涯スポーツ振興」の良き理解者として育成され、我が国のスポーツ振興を牽引するリーダーとなることを期待し、本事業を行います。

主 催】  公益財団法人 笹川スポーツ財団
       神奈川大学(会場協力)
【日 程】  2018年10月27日(土)~28日(日)
【場 所】  神奈川大学 横浜キャンパス
【後 援】  スポーツ庁、公益財団法人 日本オリンピック委員会、公益財団法人 日本スポーツ協会
【参加人数】 23大学 56チーム 約280名
【開催内容】
・参加チームは、提言内容をまとめた提言要旨(A4 4枚)の提出と、大会当日に口頭発表を行う。
・提言要旨と口頭発表を審査し、最優秀賞・優秀賞・特別賞を決定する。
※大会の情報は、下記ホームページをご参照ください。
https://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1534/Default.aspx
------------------------------------------------------------

【Sport Policy for Japan】
Sport Policy for Japanとは、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、所属大学の枠を超え、政策提言を持ち寄り、意見を交換する場です。
笹川スポーツ財団では、Sport Policy for Japanを主催し、学生の「自分たちの力で日本のスポーツをより良くしよう!」という情熱を応援します。

【笹川スポーツ財団とは】

公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/

本件に関するお問合わせ先
この件に関するお問合せ先
笹川スポーツ財団:清水(恵)・玉澤・吉田
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人 笹川スポーツ財団
ホームページ
http://www.ssf.or.jp/
代表者
渡邉 一利
上場
未上場
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル3階
連絡先
03-6229-5300

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+