ミツイワ、VANTIQ(バンティック)社との業務資本提携を発表、 IoTビジネスを拡大

~VANTIQのイベント・ドリブン型アプリケーション開発プラットフォームと、ミツイワの幅広い技術力によるサポート体制が融合、日本企業のIoT導入を強力に支援~

ミツイワ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:羅本礼二、以下ミツイワ)は本日、米国のイベント・ドリブン型アプリケーション開発プラットフォームを提供するVAINTIQ Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Marty Sprinzen、以下VANTIQ)とIoTビジネスおいて、業務資本提携を締結したことを発表しました。これにより、短期間かつスモールスタートでのIoT導入と、充実した開発・運用の支援体制を確立でき、日本企業におけるIoT導入を強力に支援します。同社はVANTIQのプラットフォームを活用した新サービスも本日より提供開始し、IoTビジネスの拡大を目指します。

・背景と市場の課題
成長著しいIoT市場では、IoTデバイスが2020年までに約400億(*)まで達すると予測されています。これらのデバイスから取得できる膨大な量のデータを、実際のビジネスで活用するために必要なアプリケーション開発は、従来型開発手法では複雑で多大な工数が発生します。日本ではデータ取得後にビジネス活用の可能性を探る場合が多く、IoTビジネスへの投資対効果の不確実性が、取り組みの障壁となっていました。
*総務省 平成30年度情報通信白書より

・両社の提携で日本企業のIoTへの取り組みを容易に
VANTIQが提供するIoTデバイスからのイベントデータを非同期かつリアルタイムで処理可能なプラットフォームは柔軟で拡張性が高く、短期間でのアプリケーション開発や容易に運用できる環境を提供します。ミツイワは、これまでのICT、デバイス、ネットワークから工場内部までに渡る幅広い分野で培った経験と知識により、同社のプラットフォームVANTIQを活用したIoTソリューションのサポートと教育支援体制を構築します。両社の提携により、企業はIoTビジネスに向けてのPoC環境をこれまでより短期間で構築することができるようになるため、低コストでのスモールスタートが可能となるだけでなく、柔軟なアーキテクチャにより段階的な拡張も可能になります。これまで投資対効果の面で取り組みを躊躇していた企業も、より容易に参入できるようになります。

VANTIQの創業者兼CEOのMarty Sprinzen氏は次のようにコメントしています。
「ミツイワが、次世代デジタルアプリケーション構築のプラットフォームとしてVANTIQを選んでいただき大変嬉しく思います。ミツイワのプロフェッショナルなサービスにより、VANTIQアプリケーションは日本産業のリアルタイム化、デジタルトランスフォーメーションを急速に進めることができると期待しています。」

ミツイワの代表取締役社長、羅本はVANTIQとの提携について次のように述べています。
「VANTIQは、当社のIoTソリューションを進化させ、お客様のさまざまなニーズに迅速かつ柔軟に対応するために欠かせないパートナーです。そして今回の提携は、日本におけるIoTのビジネスシーンを大きく変えるものだと確信しています。VANTIQのプラットフォームは短期間でのIoTアプリケーション構築のみならず、多種多様なイベントのデジタル化を高速処理し情報伝達するため、お客様はより迅速にビジネスの意思決定を行うことができます。当社は、IoTへの取り組みの障壁を取払い、お客様のご要望にお応えできるIoT導入・活用のご支援に尽力していきます。」

ミツイワが提供するIoTビジネスソリューションの詳細は下記でご覧いただけます。
https://www.mitsuiwa.co.jp/product/list/msview/iot/

ミツイワは、10月9日(火)〜11日(木)に米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「VANTIQ グローバルパートナーサミット(https://vantiq.com/events/)」に登壇し、今回の提携内容について発表を行いました。また、アドソル日進株式会社が2015年より毎年開催している「IoT時代のセキュリティフォーラム」(http://www.adniss.jp/news/2018/09/iot2018.html )が本日開催され、ミツイワは協賛企業として参加し、VANTIQを使ったソリューションについて展示、概要説明を行います。

・VANTIQについて
米国シリコンバレーに本拠地を置くリアルタイム・アプリケーション・プラットフォームを提供するIT企業。同社が提供するアプリケーション開発プラットフォームは、ユーザーがIoT、コネクテッド製品、ソーシャル、エンタープライズ記録システムや人々からのデータストリームで駆動するリアルタイム・エンタープライズ・アプリケーションの開発、導入、実行を可能にします。2017年7月に日本市場に参入、詳しくはhttps://vantiq.jp/ をご覧ください。

<ミツイワ株式会社について>
ミツイワ株式会社(所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 3-15-6)は、1964年7月の創業以来50年以上に渡り、お客様ニーズへの対応を積極的に図りながら、ICTシステムにおいては企画、構築からサポートまでトータルに対応できる体制を築いてきました。1981年の電子デバイス事業への進出以降、ICTサービス事業と電子デバイス事業を2つの柱にお客様とともに成長し、それぞれのフィールドで多くのお客様から厚い信頼を頂いています。近年では、スマートファクトリー事業、IoTソリューション事業、エネルギーソリューション事業、ミャンマー連邦共和国でのICTサービス 事業の展開など新規分野へも積極的に取り組み、さまざまな企業規模、業種のお客様に向けて包括的なサービスを展開しています。詳しくはhttps://www.mitsuiwa.co.jp/ をご覧ください。

本件に関するお問合わせ先
ミツイワ株式会社 総務部 広報チーム
TEL(代表):03-3407-2181
お問い合わせフォーム:https://www.mitsuiwa.co.jp/inquiry/

この企業の情報

組織名
ミツイワ株式会社
ホームページ
https://www.mitsuiwa.co.jp
代表者
羅本 礼二
資本金
40,900 万円
上場
未上場
所在地
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-15-6並木橋ビル
連絡先
03-3407-2181

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+