~「ツーリズムEXPOジャパン2018」開催まで1ヶ月~ 旅好き女子必見!!「ツーリズムEXPOジャパン2018」注目の出展ブース情報初公開!

プラネタリウムやフォトスポット、VR体験など充実のコンテンツが満載!

「旅ジョ」「女子旅」という言葉が注目されるようになるとともに、今や旅とSNSは切り離せないものとなっています。情報収集から始まり、情報共有で終わる、その役割は旅先決定の重要な情報源かつ旅の目的にもなっています。特にSNS利用率が高いミレニアル世代を含む20~29歳の女性における年代別出国率は全年代でトップの比率(32.7%*1)を誇り、SNSが観光地への誘客の起爆剤ともなっていると言っても過言ではないでしょう。
このような背景もあり、今年の「ツーリズム EXPO ジャパン 2018」では、フォトジェニックなスポットや体験など、SNS利用世代を意識したコンテンツを用意する出展ブースが増えています。

■旅好き女子必見!「ツーリズム EXPO ジャパン2018」注目のブース情報
いよいよ開催まで1ヶ月に迫った「ツーリズムEXPOジャパン2018」(9月20日~23日)では、そんな旅好きミレニアル世代に特にお勧めしたいフォトジェニックな観光地や、SNSを使ったユニークな取組を行う地域や企業のブースが多数出展します。出展ブースでは絶景スポットのVR体験、フォトスポット、華麗なダンスパフォーマンスなど、日本全国から世界各国のSNS映えするスポット・体験などの情報をご紹介すると共に、実際に体験していただけるコンテンツも多数ご用意しています。



<主な注目出展ブース>
【阿智☆昼神観光局】
「日本一の星空」その無数に輝く星空は日本随一と称され、それをひと目見に全国各地から観光客が殺到する長野県阿智村。平成18年には環境省による「星が最も輝いて見える場所」第1位にも認定され、そのあまりの美しさに訪れた観光客は心を奪われ、見惚れてしまうほど。しかし、そんな阿智村のある昼神温泉が、実は10年前には無名の温泉地で荒廃寸前であったことはあまり知られていません。周辺の大型温泉街の人気に押され右肩下がりであった温泉地。限られた予算や人員で圧倒的に不利な状況の中、昼神温泉を蘇らせたのは言うまでもなくこの星空でした。地域の人々にとっては当たり前のように存在していたこの観光資源を活用し生まれた「天空の楽園 日本一の星空 ナイトツアー」は参加者の大きな感動を呼び、その人気はSNS等で瞬く間に広まり、初年度(平成24年)に約6,500人であった参加者は、昨年(平成29年)には23倍の約150,000人に増え、長野県の一大観光地となりました。阿智村昼神温泉が「ツーリズムEXPOジャパン2018」に単独出展。今回はその「日本一の星空」を来場者に味わっていただくべく、360度地球体験型アトラクション「ドームプラネット」を展開します。阿智村で見られる神秘的な星空を体感し、現地の人だからこそ知る情報を聞いて、現地へ訪れてみてはいかがでしょう。



【株式会社 はとバス】
一昔前までシニア世代が参加するイメージであったバスツアー。しかし、そのバスツアーがいまファミリーや20~30代女性の間で人気を博し、劇的に生まれ変わっているのをご存知でしょうか。一時期の低迷を経て今や年間利用者120万人に届く勢いで復活を遂げているのが、東京観光の代名詞ともいえる「はとバス」。手軽に60分で東京周遊できるショートツアー、フォトジェニックな夜景ツアーや工場見学ツアー、さらには女性限定で歌舞伎町のホストクラブ等を回る夜遊びツアーなど、ユニークな体験ができるバラエティ豊かなツアー企画が、はとバス人気の要因と言えます。
そのはとバスが今年70周年を迎え、5年ぶりにツーリズムEXPOジャパン2018に帰ってきました。今回の出展のメインターゲットは「ミレニアル世代」。思わずSNSで発信したくなるコンテンツをお届けします。そのひとつとして、バスガイドの制服に袖を通し、身も心もバスガイド気分で、オリジナルパンフレットの表紙を飾る撮影が行えるフォトブースを展開します。また、本イベントで初お披露目となるはとバス公式キャラクターと第7代はとバスイメージガール稲葉千晴さんとのフォトセッションも実施します。その他にも、最上級バス「ピアニシモIII」の高級シートの座り心地を体験できるコンテンツやオリジナルのノベルティグッズがもらえる企画など充実のコンテンツで来場者を魅了します。



【公益社団法人 びわこビジターズビューロー】
日本最大の湖「琵琶湖」がある滋賀県が実は今、フォトジェニックなスポットの宝庫として話題となっています。県内には琵琶湖をはじめとした自然を活かしたオシャレなカフェや美術館、ホテル、神社などが数多く点在し、まるでSNSのためにあるかのような美しい景色で訪れた観光客を虜にしています。県としても今年の4月に「滋賀写真部」を創設し、SNSで投稿された県内の美しい風景や文化、食などを紹介するユニークなSNSを使った取組を行っています。
滋賀県は旅行、行楽の年間行動者数第1位*2にも輝いたことがあるほど全国的に旅行好きな人が多い県であり、その県民性も相まって地元の観光を活性化する動きが活発なのではないかと伺えます。滋賀ふるさと観光大使を務める西川貴教さんも地元の観光活性化のためにフェスを開催したり、観光キャンペーンのナビゲーターとしてPRしたりし、大きな注目を集めています。
その滋賀県の観光連盟である「びわこビジターズビューロー」の出展ブースでは歴史遺産、自然、食、文化の魅力を紹介すると同時に「しがVR」の体験会を実施します。操縦者の目線で琵琶湖の雄大さ感じられる鳥人間コンテストのVRや長浜・びわ湖花火大会をドローンの目線で体験できるVRなど県内のSNS映えする魅力的なスポットを収めたVRコンテンツで来場者に滋賀の魅力を余すとこなくお伝えします。



【ハワイ州観光局】
夏の人気海外旅行ランキング10年連続第1位*3と海外旅行の渡航先として依然、圧倒的な人気を集めるハワイ。自然、文化、アクティビティ、食といったあらゆる側面において、フォトジェニックな要素溢れるハワイは、まさにSNSの影響を色濃く受け、ミレニアル世代の注目の的といっても過言ではないでしょう。そんな中、より多くの旅好き女子に、さらにハワイを好きになって欲しいという想いを込めて、ハワイ州観光局ではハワイ好き、カメラ好き女子のコミュニティ「ハワイカメラガールズ」を設立しました。全国2,500人以上の会員が、#ハワイカメラガールズで多数の魅力的なハワイ写真をSNSに投稿し、ハワイの美しさや楽しさを多くの人に広めています。
そんなハワイ州観光局の出展ブースでは、ハワイカメラガールズが撮影した写真の中から、厳選した写真を展示するほか、インスタ映え間違いなしの立体的なGIF動画を来場者が撮影できるスポットを展開します。さらに今年のハワイ州観光局の出展テーマである「誰も体験したことのないテクノロジカルな超ハワイ体験」のもと、ツーリズムEXPOジャパンでは初展開となるVRを超える注目のアトラクションが実施され、来場者にハワイ気分を全身で体感頂きます。



※ブースコンテンツは都合により変更となる場合がございますので予めご了承ください。

■絶品グルメも堪能、圧巻のステージパフォーマンスも注目
本イベントでは出展ブースのみならず、国内外のグルメやステージパフォーマンスで来場者を魅了します。
グルメコーナーでは「全国ご当地どんぶり選手権」が開催され、全国各地の絶品どんぶりをワンコイン(500円)で堪能できます。全てハーフサイズでの提供になるので様々などんぶりを食べ比べできるのも魅力。
ステージではハワイ州観光局6代目親善大使の石田ニコルさんによるトークショーや台湾観光舞踊団によるパフォーマンスなど国内外のパフォーマーが迫力あるステージを繰り広げます。会場内3箇所あるステージの各公演のタイムスケジュールは公式HP内の「今年のみどころ」よりご確認いただけます。




■ツーリズムEXPOジャパンとは
5年目を迎える本イベントは、『見つけよう。旅の「新しいカタチ」。』をテーマに、世界130カ国以上の国と地域、全国47都道府県から数多くの出展者が一堂に会する世界最大級の旅の祭典です。国内外の最新の観光情報が得られることはもちろん、各ブースでは民族衣装の着付け体験やVR体験、地域名産の試飲試食など地域の魅力溢れるコンテンツが展開され来場者を魅了します。また全国から選りすぐりのご当地グルメや世界のグルメも堪能でき、迫力あるステージパフォーマンスが会場全体を盛り上げます。
さらに今年は、近年の旅の多角化に伴い、テーマ別観光エリアを新設し、酒蔵、スポーツ、リゾートウェディング、アドベンチャーなどのテーマに沿った出展が充実。趣向を凝らしたブースで旅行気分を味わいながら、ご自身の旅の嗜好や目的に沿った情報を入手できます。

<開催概要>
■名称:ツーリズムEXPOジャパン2018(英文:Tourism EXPO Japan 2018)
■会期:2018年9月20日(木)- 23日(日)
(業界日:20日(木)、21日(金) /一般日:22日(土)、23日(日))
■会場:東京ビッグサイト
■主催:公益社団法人 日本観光振興協会、一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)、
日本政府観光局(JNTO)
■チケット:前売券 大人 1,100円 / 学生 600円
当日券 大人 1,300円 / 学生 700円
※保護者同伴の小学生以下、中・高生無料(学生証提示)。
※チケット1枚につき、どちらか1日ご入場いただけます。
※表示価格は全て消費税込みの料金となります。
■ホームページ: http://t-expo.jp/

<参考文献>
*1JATA(2018)「年代別出国率」、『数字が語る旅行業2018』、p35
*2 総務省統計局 社会生活基本調査から分かる47都道府県ランキング
http://www.stat.go.jp/data/shakai/2011/rank/index2.html#koudou5
*3 株式会社エイチ・アイ・エス 2018 年夏休み(7/14~9/30 出発)海外旅行 予約動向
https://www.his.co.jp/material/pdf/n_tr_20180702_1.pdf

本件に関するお問合わせ先
<ツーリズムEXPOジャパンに関するお問い合わせ>
ツーリズムEXPOジャパン推進室
電話:03-5510-2004 E-mail:event@t-expo.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ツーリズムEXPOジャパン
ホームページ
http://www.t-expo.jp/
代表者
田川 博己
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3
連絡先
03-5510-2004

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所