NOMLAB(ノムラボ)、展示施設や商業施設でのMR体験の実用化に向け、MRデバイス「Microsoft HoloLens」を活用したアプリのプロトタイプを開発

~自然の情景を楽しむ"菊MR"~

株式会社乃村工藝社(以下 乃村工藝社)のデジタルコミュニケーション領域を開発する専門組織「Nomura Open Innovation LAB」[以下NOMLAB(通称ノムラボ)]は、現実と仮想空間を融合した複合現実(Mixed Reality、以下MR)空間の実現に向けたプロトタイプ"菊MR"を開発しました。
"菊MR"は、日本語音声認識を活用した先駆的なMRコンテンツです。

<開発の背景>
テクノロジーの飛躍的な進歩とともにVR、AR、MRといった視覚情報と調和した新しい空間体験に世界的に大きな注目が集まっています。そこで、空間創造活性化事業を生業とする乃村工藝社では、実空間と融合したMR体験の先進事例創出を目的として、NOMLABが株式会社ポケット・クエリーズおよびparkERs(パーカーズ)とコラボレーションし、プロトタイプの研究開発を行いました。

<“菊MR”アプリ概要>
"菊MR"は「Microsoft HoloLens」専用アプリケーションです。
Microsoft HoloLensを装着することにより、実空間に配置された花に情報を重ねて表示することや、音声認識で花鳥風月を想起させる場面を視覚的に体験することができます。情報の表示については、花の産地や花言葉、SNSから取得した情報に関連した画像を実際の現物に重ねて表示することが可能です。場面描写については、雪や舞い散る紅葉、鳥や虫、満月といった自然の情景を3Dグラフィックで実空間に重ねて表示することが可能です。

菊の花に込められた思い
体験に菊の花を使用します。菊の花には「菊人形の段返し」といった舞台を演出した創業者の乃村泰資(たいすけ)と、120年以上にわたって歓びと感動ある空間をつくりだし、明治、大正、昭和、平成と日本の空間を鮮やかに彩ってきた乃村工藝社の"歴史の象徴"という意味合いが込められています。

動画:https://youtu.be/5sKofsHM2eE


<今後の展開>
情報と実空間を融合した違和感の無いMR映像の表現技術と、空間と調和したUI/UXを確立し、展示施設や商業施設でのMR体験の実用化に向けて研究開発を進めてまいります。

【協業体制】
[株式会社ポケット・クエリーズ]
3Dゲーム開発を通じて培った技術をMixed Reality実用ソリューションに適用する研究開発を推進しています。
http://www.pocket-queries.co.jp/

[parkERs(パーカーズ)]
青山フラワーマーケットを運営する株式会社パーク・コーポレーションの室内緑化を中心にグリーンを活かした空間デザインを行うブランド。「日常に公園のような心地よさを。」をコンセプトに、商業施設、オフィスや住宅などの空間デザインを通して花と緑のあるライフスタイルをご提供しています。
https://www.park-ers.com/

【NOMLABについて】
乃村工藝社のデジタルコミュニケーション領域を開発する専門組織が「Nomura Open Innovation LAB」(通称NOMLAB、ノムラボ)です。「デジタルイノベーション×場づくり」をテーマに新しい集客創造を目指しています。様々なアーティストやテクノロジストと協働しながら、場づくりにおけるデジタルイノベーションとクリエーションの実践を進めています。今後もNOMLABは、その時々の社会動向に寄り添う先進的な空間を創出するため、外部と協業しながら新しい技術を研究し、時代の先を行く未来の空間開発を進めていきます。
http://www.nomlab.jp/

※補足:MR(Mixed Reality)とMicrosoft HoloLensとは
MRとは、複合現実と呼ばれ、CGなどで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術です。Microsoft HoloLensは透明なレンズに仮想現実を表示することができるMRデバイスの先駆けです。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社乃村工藝社
ホームページ
http://www.nomurakougei.co.jp/
代表者
榎本 修次
資本金
649,700 万円
上場
東証1部
所在地
〒135-8622 東京都港区台場2丁目3番4号
連絡先
03-5962-1171

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+