芝浦工業大学のリリース一覧

芝浦工業大学の学生団体が福島県勿来(なこそ)地区で復興応援バスツアーを開催します ~んだ!勿来さ行ぐべ!! 勿来地区の魅力を再発見~

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)の学生プロジェクト団体「笑顔のまち なこそ復興プロジェクト」は、福島県いわき市勿来(なこそ)地区の復興公営住宅入居予定者を対象とした「んだ!勿来さ行ぐべ!!勿来・双葉復興応援バスツアー」を2018年1月21日(日)に開催する。  初めての開...

芝浦工業大学 -- EUの奨学金「エラスムス・プラス」に2件採択 ポーランドの大学と学生・教員・職員の相互派遣を実施 ~教員同士の交流を、大学間の連携へ発展させる~

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人) では、これまで世界各国の理工系大学などとの交流を積極的に行っており、ポーランドにおいては、ポーランドアカデミー科学技術大学(AGH)と連携協定を締結し、長きにわたり研究・人材交流を続けている。今回、これをさらに発展させるべく、2018年2月より、...

芝浦工業大学 -- 世界14大学から11カ国78人の学生が企業・団体の課題に取り組むPBLを実施 ~訪日外国人向けサービスや少子化対策など、社会課題に技術提案~

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人) は、大宮キャンパスを拠点に2017年12月12日から20日までの9日間、海外協定校や国内他大学の学生とプロジェクトチームを作り、企業や団体が抱える「解決したい課題」の解決策を考えるグローバルPBL(Project Based Learning)を...

「東北工大」と「芝浦工大」が連携協定を締結~連携を促進し、工科系大学のプレゼンス向上へ~

芝浦工業大学(東京都港区/学長村上雅人)は、東北工業大学(仙台市太白区/学長今野 弘)と12月7日、芝浦工業大学豊洲キャンパスにおいて、連携協定を締結した。 両大学の建学の精神のもとに、教職員・学生の交流の推進等、教育と研究の両面にわたって広く連携を図り、双方の学術研究の成果を共有すること...

芝浦工業大学--12月7日に「GTIコンソーシアムシンポジウム2017」を開催~産学官連携グローバルPBLの取り組みを企業、教員、学生の立場から紹介~

国内外の大学や企業、政府関係機関からなる産学官連携アライアンス「GTIコンソーシアム」(代表 芝浦工業大学学長 村上雅人)は、12月7日、芝浦工業大学豊洲キャンパスにてGTIコンソーシアムシンポジウム2017を開催する。 本シンポジウムでは、「産学官連携による人材育成の取り組み」をテーマに...

芝浦工業大学・早稲田大学--大学対抗のゼロエネルギー住宅実証建築コンペにて「郊外で住み継ぐ『リデザイン』住居」を提案~深刻化する空き家問題に対し、フレキシブルな断熱改修を実現~

芝浦工業大学(東京都江東区豊洲/学長 村上雅人)建築学部の秋元孝之研究室・志手研究室と、早稲田大学(東京都新宿区戸塚町/総長 鎌田薫)理工学術院の田辺新一研究室・高口洋人研究室・林泰弘研究室を中心とする合同チーム(*)が、12月2日~17日まで大阪市うめきたサザンパークで公開される大学対抗...

芝浦工業大学が第2回「芝浦ビジネスモデル・コンペティション」を開催

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)は、TIS株式会社、株式会社エスアイテック、飯田グループホールディングス株式会社、および株式会社イトーキとの共催で、技術を活かしたビジネスアイデアを競うコンペティション「芝浦ビジネスモデル・コンペティション」を開催する。  工学マネジメ...

芝浦工業大学 -- アルミなど軽金属の高強度・高耐食化を両立する水蒸気を用いた表面処理技術を開発 ~環境負荷の低い方法で、鉄の代替となる輸送機器材料を作る~

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)材料工学科の芹澤愛准教授は、アルミニウム材料を高温・高圧下の水蒸気にさらすだけで、高強度・高耐食化の両立を実現する表面処理技術を開発した。(特願2017-003744)  アルミニウムは鉄に比べて3分の1程度と非常に軽く、さまざまな利用が期...

芝浦工業大学 -- 医・農薬品合成で有用なフッ化水素を 安全・安価・高効率に生成する新手法を開発 ~新たなフッ素化合物の発見、PET検査の普及でガンの早期発見へ~

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)応用化学科の田嶋稔樹准教授は、安全ながら有機溶媒に難溶なフッ化カリウムに対して、安価な固体酸を有機溶媒中に添加することでフッ化水素にほぼ100%の効率で定量的に変換する、新手法(特願2016-257443)を開発した。さらに溶液中のフッ化水素は、安...

芝浦工業大学 -- 砂地やぬかるみでも足を取られないタイヤの間隔が動く走行システムを新開発 ~惑星探査機の研究から発見、レスキュー活動や雪上・農業に応用可能~

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人) 機械制御システム学科の飯塚浩二郎准教授は、前後のタイヤ間隔を伸縮することで、粒子が細かく移動が困難な軟弱地盤でも前進できる車輪走行システムを開発した。  月面など惑星表面のレゴリス(細粒物の軟弱地盤で、砂上や田んぼなどのぬかるみも同様)で...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所