株式会社 東芝のリリース一覧

【東芝】少量多品種の半導体製造で発生する不良を早期に発見するAI技術を開発

異なる種類の製品に共通する不良の解析時間を8分の1に削減
 当社は、少量多品種の半導体製品の製造において、異なる種類の製品に共通して発生する重大な不良を早期に発見するAIを開発しました。本技術により、個々の製品のデータが十分に得られない場合においても、複数の製品のデータを統合することで解析に使用するデータ量を増やして機械学習を行い、不良を高精度に分類...

【東芝】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キット新工場の新設について

日立と東芝の参画により早期稼働を目指す
みらかホールディングス株式会社 代表執行役社長 兼 グループCEO 竹内成和 株式会社東芝 代表執行役社長CEO 車谷暢昭 株式会社日立製作所 執行役社長兼CEO 東原敏昭 みらかホールディングス株式会社の連結子会社である富士レビオ株式会社(代表取締役社長:石川 剛生、...

【東芝】世界最高精度で自動車やドローンなどの動きを予測するAIを開発

自車両と周辺車両の動きを従来より約40%高精度に推定し、一般道での安全な自動運転の実現に貢献
 当社は、自動車やドローンなどの安全性向上や自動走行・自律移動の実現に向けて、車載カメラと、動きを検知する慣性センサ(加速度センサ、角速度センサ)を用いて、自車両の動きを高精度に推定する「自車両の動き推定AI」と、様々な交通シーンで周辺車両の将来の動きを予測する「他車両の動き予測AI」を開発し...

【東芝】複数センサーによる時系列データ間の時間のずれを自動で補正するAIの開発

インフラ設備や製造装置に変化が起きた時刻を従来の10分の1以下の誤差で把握、異常予知・検知や動作解析の高精度化に貢献
 当社は、インフラ設備や製造装置の異常予知・検知や動作解析の精度を向上するAI技術「Lag-aware Multivariate Time-series Segmentation (以下、略称としてLAMTSSとする)」注1を開発しました。設備や装置に取り付けられた複数のセンサーから得られる複...

【東芝】インフラ設備等の異常の「見逃し」・「誤検出」の抑制と、高い「説明性」を両立した時系列波形異常検知AIを開発

~高度な説明性を備え、異常検知性能が約7%向上、故障予知や保守業務の効率化に貢献~
 当社は、工場などの製造装置やインフラ設備における異常を機械学習により検知・診断する技術において、時系列波形データをベースとした異常の「見逃し」・「誤検出」の抑制と、異常と判断した理由がわかる高い「説明性」を両立させた新たなAI技術「Learning Time-series Shapelets...

【東芝】ユビレジの第三者割当増資株式を引き受け、長期的・戦略的協業関係を構築

開発スピードを加速し、「スマートレシート(R)」をクラウドPOSに導入
株式会社東芝の100%子会社である東芝データ株式会社(以下、東芝データ)は、5月29日、クラウドPOS市場の中で飲食業界を中心に30,000店舗以上の導入実績を持つ株式会社ユビレジ(以下、ユビレジ)の第三者割当増資を引き受けました。 クラウドPOSはiPad等の端末に専用アプリケーションをイ...

【東芝】東芝Nextプランのプロセス改革を加速する子会社の設立について

~次期基幹システム構築をはじめ社内IT刷新を促進~
 当社は、当社グループの次期基幹システムの構築をはじめ、業務効率改善のための基盤構築を専門に行う子会社「東芝T1プロジェクト株式会社」(以下、東芝T1)を本年7月1日に設立します。  東芝T1は、2022年度から、開発したシステムの東芝グループ会社への導入を目指します。  当社グループ...

【東芝】信州大学と東芝、がん細胞に正確・高効率に治療遺伝子を運ぶ「がん指向性リポソーム技術」を共同開発

T細胞腫瘍において、正常T細胞に比べて400倍以上の治療遺伝子の発現を実現
国立大学法人信州大学(長野県松本市、学長:濱田州博 以下、信州大学)医学部小児医学教室の中沢 洋三教授らの研究グループと株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:車谷 暢昭 以下、東芝)は、遺伝子治療*1向けに、東芝独自のナノサイズのカプセルである生分解性リポソームに内包した治療遺伝子を...

【東芝】東芝グループの物流事業の譲渡・譲受に関する合意について

~ SBSグループのノウハウを活用し東芝ロジスティクスグループの事業競争力を強化 ~
SBSホールディングス株式会社 株式会社 東芝  SBSホールディングス株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役 鎌田正彦、以下、SBSHD)と株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO 車谷暢昭、以下、東芝)は、東芝が、東芝グループの物流事業を担う東芝ロジスティクス株式会社...

【東芝】東芝グループの国内拠点の営業再開と新型コロナウイルスの感染リスク軽減施策の徹底について

~週休3日制やコア無しフレックスタイム制等、接触機会を削減する施策の導入を検討・実施~
 当社グループは、新型コロナウイルスの感染爆発の重大局面における感染拡大防止策として、4月16日付で「株式会社東芝および東芝グループ会社の国内拠点の4月の営業日短縮について」を公表し、年間休日カレンダーを見直すことにより、当社グループの国内拠点の4月の営業日の短縮を実施しました。  一部...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所